青少年の性行動


いまどきの女子高生は遊んでいない。

たまには統計的なこともやります。

以下の資料を参考に、周囲の人間の性差に対して理解を深めますか。

(財)日本性教育協会 青少年の性行動調査の内容を引用し、批評します。

経験率の推移
(%)
経験の種類
学校
男子
女子
1974年
1981年
1987年
1993年
1999年
1974年
1981年
1987年
1993年
1999年
射精・月経
中学
高校

大学

87.1

95.4

37.8
83.8

92.0

46.7
86.0

91.5

52.9
88.6

97.2

 

97.2

98.4

75.0
95.5

98.4

80.3
95.1

98.0

83.4
96.3

98.0

性的関心
中学
高校

大学

92.8

98.2

52.5
89.6

95.9

53.9
98.9

96.7

59.2
90.5

99.4

75.0

89.0

45.5
71.4

84.5

48.6
70.5

87.9

49.2
76.9

89.5

デート
中学
高校

大学

53.6

73.4

47.1

77.2

11.1
39.7

77.7

14.4
43.5

81.1

23.1
50.4

81.9

57.5

74.4

51.5

78.4

15.0
49.7

78.8

16.3
50.3

81.4

22.3
55.4

81.9

マスターベー
ション
中学
高校

大学

84.1

90.4

30.0
81.2

92.2

33.0
80.7

91.5

41.6
86.1

94.2

21.6

26.1

17.2

28.6

6.9
10.0

21.1

10.1
12.6

25.8

7.7
19.5

40.1

キス
中学
高校

大学

26.0

45.2

24.5

53.2

5.6
23.1

59.4

6.4
28.3

68.4

13.2
41.4

72.1

21.8

38.9

26.3

48.6

6.9
25.5

49.7

7.6
32.3

63.1

12.2
42.9

63.2

ペッティング
中学
高校

大学

13.9

45.2

13.1

40.3

17.8

53.3

3.9
18.2

60.6

9.6

17.9

15.9

29.9

14.7

34.8

2.6
16.5

42.8

性交

中学
高校

大学

10.2

23.1

7.9

32.6

1.9
14.4

57.3

1.9
14.4

57.3

3.9
26.5

62.5

5.5

11.0

8.8

18.5

1.8
8.7

26.1

3.0
15.7

43.4

3.0
23.7

50.5

―1999年の資料より―

 

おいおい、週刊誌のアンケートと全然比率が違うじゃないの。
もっとみんな遊びまくっているんじゃないの?

 

→じつはこれ、全国から統計をとったわけ。当然地方の学校がほとんどのわけね。
多分、東京都内だけだったら高校生の性交の割合なんて男女とも8割を越すんじゃないの?
この資料には大都市の学校のデーターは、ほとんど入れていないでしょうね。(笑)

 

 

キャーウソ―!私の友達なんて皆ヤッてるよーー。

 

→地域差です。

貴女の大学の性交率を九割としましょう。
中・高・大学一貫教育のお嬢様女子校の性交率が一割なら

(9 + 1) ÷  2 = 5 ( 50 % )

になるでしょ。(大学生)

・・・それ以前に中学とか高校のクラスに何人もいたでしょ。
真面目な女の子が。

正規分布の曲線の美しさで、マスターベーションしているような
行動系心理学者の連中からいわせれば随分とメチャクチャな論理だけどね。

冬宮から一言

おーら男ども!飲み会でおとなしそうな女の子捕まえて「どうせ何人もの男と付き合ってきたんでしょ?」「最近彼氏いるの?」とか馬鹿らしい質問するんじゃねー!!女子大生の10人に1人はまったく異性に興味がねーんだよ!!セクハラだぞコラ!!飲み会嫌いの女が増えるだけだぞ!
冬宮も昔、女性に対し「言葉のセクハラ」をよくしましたごめんなさい。


 

冬宮から一言

おーら、男ども!!漫画やゲームの世界のように、女からアプローチをしかけてくることなんてねーんだよ!!玉砕覚悟で、イニシアチブを取れ!!!
ストーカー事件になっても責任はとれません。


まとめ

1・最後まで性体験をしている女子高生は、たったの24%。
TVで活躍している「顔グロ」や「パンダ」はごく一部の人間である。
ほとんどの女子高生は靴下を売ることも無く、エンコーとは無縁の高校生活を送っている。

2・女性は男性と比べて性的な関心が薄い。

*マスターベーションの比率は「10人に4人」
男性の半分にも満たない(大学生)

*異性に関心が無い比率は「10人に1人」
男性は「100人に1人」が異性に関心が無い。

3・90年を前後してCMやドラマのネタは
「いい恋をして・・・」 から「いっぱい恋をして・・・」へ方向転換している。

メディアでなぜそこまで、「多くの人間がいっぱい恋をしている」
という虚報を伝えつづけているのか?

→大衆を無理やり流行にのせて
化粧、服、ブランド品、音楽の大量消費を狙う、企業の戦略である。
これからもどんどん、性体験の比率は上昇するであろう。
うれしいなーーー

みんなー!「いっぱい恋して、いっぱい別れて」小室の曲をいっぱい買って心の安らぎを得よう!

(2000年の現役大学生時代に執筆、データが古いです。2005.9.27 冬宮)

 


このページは、心理学サイト「性と文化の革命家」と
「心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?」の記事です。
性と文化の革命家(心理学の偉人伝)  心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?(誰でもこれから実現できる方法)  参考文献