心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?
オープンキャンパスに行ってみました。


前回、「ケイコとマナブ」で、通信制大学(大学院)の存在を知った管理人:冬宮。
ケイコとマナブ.net社会人・学生のための大学・大学院

今回は秋に行われた、早稲田大学人間科学部オープンキャンパスのレポートです。

オープンキャンパスに行くなんて、、?十年前に戻った気分ですね。気分が若返ります。

周りは、高校生や親だらけ。冬宮のHPを見たことのある生徒もいるんだろうな・・・と思いつつ学内へ。

「あw先生!何してるんですか?」

「・・・・。」

冬宮の教え子5人にも遭遇しました(その後、お昼ごはんをオゴリマシタ・・・)。

 

早速、通信制のEスクールのプースへ・・・。

端末室で、自由に模擬授業が体験できました。アンケートに答えると600円の入学願書がタダでもらえます。お得です。

 

臨床領域の心理学を学びたいということで、公開されていた心理相談室へ。

こちらはプレイルーム。まだ幼い子供さんの場合は、おもちゃで遊びながら心を解きほぐすんだそうです(現場にいた大学院生の了解を得て撮影しています)。

こちらは、一般の相談室。会話がきちんと成立する年齢の方はここになります。

その後は、個別相談会のプースへ。臨床領域の先生とお話ができました。大学院の話までふくらみ、疑問のあった部分は全て答えてくださいました。
・・・Eスクールより大学院への進学を勧められました・・・w
(何も準備していないので今は無理ですw)

通信制、全日制に限らず、大学受験を考えるなら目標の大学のオープンキャンパスはお勧めです!

1、何よりもまず、大学のことが良く分かります。大学側も工夫しています。パンフレットやHP以上の
  収穫が得られることでしょう。

2、パンフレットや願書が無料。

3、大学院受験なら研究室への挨拶が省ける。

 

参考にどうぞ

ケイコとマナブ.net社会人・学生のための大学・大学院) ・・・大学選びで利用したサイトです。

リクルート進学ネット ・・・大学資料や願書が取り寄せられます。オープンキャンパスの特集もあり。



このページは、心理学サイト「性と文化の革命家」と
「心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?」の記事です。
性と文化の革命家(心理学の偉人伝)  心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?(誰でもこれから実現できる方法)  参考文献