心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?

自由意見・連絡先 参考文献 書斎(コラム) 性と文化の革命家 ブログ 
 
(2013.07.01更新:しばらくブログ中心の予定


ここは、学校教育現場で心理学を少しだけ活用している管理人:冬宮(とうきゅう)が、これから心理学を学びたい方々へ、ちょっとしたアドバイスをする空間です。
心理学の領域は、専門的で優秀なHPが沢山あります。検索エンジン等も活用し、あなたの人生に役立ててくださいね。(
Since 2006.07.24)


メニュー(下にスライドします)

1、中学・高校生の場合


2、仕事が忙しい社会人の場合
  

3、プロを目指すその1
  

4、プロを目指すその2
  

5、勉強中の学費や生活費が心配な場合




心理資格受験体験談更新中(冬宮のブログへ移動します)

・やなの自習部屋(2012年-)

体験レポート(別のページに移動します)

日々のちょっとした体験編>
1、箱庭療法体験しました(2000年)
2、コラージュ療法体験しました
(2000年)
3、夢は実現できるのか

<これから心理学を学んでみよう編
1、大学の資料を取り寄せてみました
 
2、オープンキャンパス行きました
  
3、出願してみました
  
4、一次選考の結果は?
5、二次選考の結果は? 
6、合否結果は? 

<いざ大学院へ!編>
1−1 大学院へ出願しよう
1−2 大学院へ出願しよう
2 大学院受験レポート&学部卒業!
3 大学院受験レポート&そして・・・


管理人・冬宮は、ある私立の中高一貫校で教員をしています。専門職のカウンセラーではありません。大学でちょこっと心理学を勉強したり、開業カウンセラーに弟子入りした程度です。たまにピンポイントでカウンセリングはやっています。毎日、相談室は満杯の状態です。


生徒も保護者も、心に助けを求めている人は沢山いるんですね。

これから、心理学を学びたい方、カウンセラーになりたい方・・・頭が下がります。

カウンセラーにならなくても、心理学の知識を深めれば、家庭で、職場で幸せな人生を送る為のノウハウを学ぶことができるでしょう。

別の色々な職業を歩んでいても、家庭で、職場で、悩んでいる人がいたら話を聞いて共感してあげる。それだけでもあなたは立派なプチカウンセラーです。

夢を実現できない最大の原因は優柔不断と先延ばしだけなんです。
まずは、実行、実行、実行あるのみです。
自分の境遇、年齢・・・一度限りの人生、実は制約なんて何もありません。今からでもチャンスはいくらでもあります。

今日はそのノウハウを少し紹介しましょう。



<中学・高校生の場合>

⇒ずばり、心理系学部・学科のある、大学に進学しましょう。(単純明快w)

 

それには・・・

学校の図書室や進路指導室に足を運び、大学の資料・パンフレットを実際に入手してください。
・・・簡単ですよね。無料ですし、明日にでも実行できますよね。

まずは一歩前進してみましょう。それだけで、実現への道は始まります。

ネット上でも、大学の案内やカウンセラーの生の声が沢山あるので活用するとよいでしょう。でも注意してください。カウンセラーに関しては、かなりの脅し文句があふれています。辛い、長い、少ない・・・事実ですw。

でも、実は・・・どの専門職だって同じなんです。自分の意思と努力次第でどんな困難も乗り越えることができます。確実にできることは、まず一歩踏み出してみる。これが夢を現実に変えるノウハウなのです。

日本心理学会 ・・・心理系学部を卒業すれば、実は「認定心理士」の資格が取得できます。 

リクルート進学ネット ・・・大学のパンフレットや願書を無料で取り寄せられます(大学による)。

<仕事が忙しい社会人の場合>

⇒通信講座や通信制大学を利用しましょう。

 

時間がなかなかない方は、本屋で心理学の本を買って学ぶ。それも立派な研究活動です。でも、大学でやっているような、各分野をまんべんなく学びたい・・・それを実現する方法もあります。
通信講座の利用です。専門書や視聴覚教材も豊富で十分に学べます。

がくぶん総合教育センター
・・・【自己啓発したい】のジャンルに1講座あります。

ユーキャン
・・・すぐに役立つ【生活心理学講座】があります。

ケイコとマナブ.net社会人・学生のための大学・大学院
・・・通信講座や短期講座が約180あります。さらに心理学を通信制や夜間制大学で学び学位を得る(大卒になる)方法、更には通信制大学院で臨床心理士受験資格を得る方法も紹介されています。

 



<これからプロを目指す場合 その1>

⇒大学院へ進学しましょう(特に臨床心理士指定大学院)

 

やっぱり、本格的にやるなら権威ある学術機関へ進学しましょう。心理系学部を卒業していない大卒の方は学士編入や社会人編入で、もう一度大学でやり直す方法があります。これらは、2年生や3年生から始めることができます。お得ですよね。

大卒の方は大学時代の専攻はさておき、直接大学院を目指すという裏技もあります。でもフロイトやユングの知識だけでは無理だと思いますw。統計・統計・統計の数学でもあります。自分で論文をあさり、大学の心理学の授業に潜って基礎的な力を身につけるという荒業があります。

更に言うと、医学部に編入して精神科医になる裏技だってあるんです

大学時代にあまり勉強をする機会がなかった方は、予備校を活用する方法があります。短期集中でいろいろな講座があるので、時間が節約できることでしょう。大学院入試や社会人編入、医学部編入試験の対策も充実しています。

自力で受験ガイドや参考書を購入して勉強する方法もあります。勉強の方法には相性があり、これといった一つの方法はなかなか無いものです。自分に一番合った方法がベストですね。

 

Z会の通信教育キャリア開発コース
・・・通信教育で様々な入試対策ができます。主要大学院の入試情報の記事もあります。

■ amazon 心理学領域リンク集
・・・心理学領域のほぼ全ての本が紹介されています。各種受験ガイドや参考書もあります。

■ amazon 臨床心理士受験リンク集
・・・現在出版されている、ほぼ全ての受験ガイドと参考書が紹介されています。

 

まずは、悩み続けるよりも無料体験や、無料の資料請求をしてみるのはいかがですか?
まずは、実行してみることです。
・・・やっぱり、臨床心理士は憧れですよね。

 

臨床心理士資格認定協会



<これからプロを目指す場合 その2>

⇒各種団体のセミナーで学ぶ。

 

忙しくて大学院はちょっと、、、或いは大学を出ていない・・・それもいいでしょう。今まで歩んできた皆さんの豊富な人生経験は多くの方の心を癒せるかもしれません。各種団体が、独自の資格制度を設けていますので、そこのセミナーに参加するとよいでしょう。

 

「学校心理士」認定運営機構 ・・・教員の方は「学校心理士」受験のチャンスがあります。

                                            学校心理士テキスト集 (現在出版されている、ほぼ全ての参考書です)

日本産業カウンセラー協会    ・・・社会人の方は「産業カウンセラー」受験のチャンスがあります。

                                            産業カウンセラーテキスト集(現在出版されている、ほぼ全ての参考書です)

日本カウンセリング学会       ・・・大卒の方は「認定カウンセラー」受験のチャンスがあります。

日本プロカウンセリング協会 ・・・ 全国で短期講座を開いています。誰でもチャンスがあります。

 



<勉強中の学費や生活費が心配な場合>

⇒ネットで学費を少し稼いでみては?

 

勉強を続けるには何かとお金がかかります。特に大学院生や医学生になろうものなら、研究活動が忙しくて、まともに仕事やバイトに専念できません。
ここも逆転の発想で、今からある程度の収入の手段を準備すればよいだけなんです。

もしこのページをパソコンで見ているなら、ネット上で学費を少し稼いでみるのはいかがですか。自分のHPに宣伝を貼ったり、メールの広告を見て月100万円稼ぐ人もいるそうです。さすがに稀でしょう。ただ、2〜3万円ぐらいなら、ちょっと努力をすれば勉強しながらでも家で学費は稼げます。登録無料・維持無料のサイトを紹介します。

<広告で学費>----------------------


A8.net・・・自分のHPにバナーを張るとクリックに応じて学費が貯まります。
月50万といいますが稀でしょうw。でも2〜3万ぐらいはちょっと努力すればできます。



バリューコマース・・・楽天、アマゾン、ライブドア、、有名なサイトのバナーを貼ることができます。
当然、報酬が高いですが、文章力が必要だと思います。修士論文の練習のつもりで何か面白いブログでも書いてみるのはいかがですか。

 

<メール受信で学費>-----------------


フルーツメール・・・毎日送られるメールをクリックするとポイントが貯まり、色々な物品と交換できます。

 

<本格的に稼いでみる>---------------


Yahoo!ショッピング・オークションに参加、出店してみる、、定番ですよね。出店の際には登録料が発生します。

どうですか?
一見困難に思えることも、強い信念と逆転の発想があれば、必ず乗り越えることはできます。
気持ち次第で、様々な可能性を発見し、自己を実現できるんですね。

ここまで読んだ皆さんも、できると思いませんか?


自由意見・連絡先  参考文献  書斎(心理学のコラム)  性と文化の革命家(心理学の偉人伝)

Copyright (C)冬宮 , 2006-. All Rights Reserved. First drafted 2006/07/24