フロイト 
Sigmund Freud 1856‐1939



オーストリアの神経病学者、精神分析の創始者。

オーストリア・ハンガリー二重帝国に属していたモラビア地方の小都市フライベルク (現、チェコのプシーボル) にユダヤ商人の息子として生まれる。 4 歳のとき一家をあげてウィーンに移住。 1881 年ウィーン大学医学部を卒業。

フロイトが最も興味を抱いたのは神経疾患である。 85 年、神経病理学の講師の資格を取得。 85‐86 年、約 5 ヵ月間、パリの高名な神経病学者 J.M.シャルコー のもとに留学し催眠を研究するかたわらヒステリーの問題に関心を寄せる。

ヒステリー患者の根本的治療を模索する開業生活の中で催眠の限界を感じ、リラックスさせた中で自由に心の葛藤を語ってもらう「自由連想法」からなる「精神分析療法」を開発する。

神経症者の幼児期体験、性倒錯の存在ならびに自己分析の資料を基に、全ての神経症はセックスにあるとする「性欲理論」や性のパワー「リビドー」の存在、「エディプスコンプレックス(母親への近親相姦愛)」、性的発達の中に含まれるサディズム的要素、治療者によせる患者の憎悪的愛情(感情転移)、死の本能、などの体系化に尽くした。

著書としては大著『夢判断』(1900)の他 『精神分析入門』(1917)、『続精神分析入門』(1933)、絶筆となった未完の精神分析概説』 (執筆 1938、刊行 1940) などが有名である。

彼の主張した芸術論、宗教論、文化論は、いずれも臨床知見から得られた人間の深層心理に基づいており、今日でも評価が高い。

 

若きフロイトはシャルコーへ弟子入りする以前に「コカインは万病に効く魔法の薬である」と論文で発表し、学会のひんしゅくをかうような野心家であった。
シャルコーの基で研究をするなかで、神経症にはある一つの傾向があることに着目した。ヒステリー患者のほとんどに性的な原因があること、例えば

・夫のセックスで問題がある
・恋愛が成就されなかった(失恋、死別等)

点である。フロイトが診断した中には結婚後18年たつのに夫の性の問題で未だに処女という婦人もいた。
彼は考えた「処方箋にペニス正常量反復使用」と書ければよいが・・・

フロイトはそこから、人間は無意識の世界にある性の衝動(リビドー)に支配されているとする「性欲理論」、そして全ての人間行動を性でとらえる「精神分析」を誕生させた。またマザーコンプレックスにみられるような母親に対する近親相姦愛「エディプスコンプレックス」も生み出した。幼年期における、彼の母親に対する性的な欲望や夢想が資料であった。

当初、フロイトの考えは下賎であるとしドイツ圏の医学会はまったく相手にしなかった。しかし「性を覆い隠す事は不自然である、恐れ敬いつつも研究する事が大事である」として、ウィーン精神分析学協会設立(1908)を始めとして精力的に活動。やがて精神医学における一大勢力を形成することになる。しかし全てを「性」でとらえることには無理があるとして、アドラーやユングを初めとする優秀な同輩や弟子は離反、今日ではフロイト自体の考えに対しては多くの補正的な批判もなされている。

尚、フロイトは性倒錯として主に

・サディズム 
・マゾヒズム 
・露出狂 
・窃視症(のぞき) 
・フェラチオ 
・肛門性交(アナルセックス) 
・フェティシズム(足、髪の毛、異性の下着や靴、皮製品) をあげている。

バイロンを初めとするロマン主義作家、或いは19世紀に勃興したポルノグラフィー作家の多くはこれらを題材にすることが多く、今日では「誰にでも陥り易い行動」として理解されつつある。

 


☆ フロイトの原著論文(英訳)
By Classics in the History of Psychology

Freud, Sigmund. (1913). The interpretation of dreams (3rd ed.). (A. A. Brill, Trans.). Originally published in New York by Macmillan.(Original German work published 1900.) [The classic psychoanalytic work on dreams.]

Freud, Sigmund (1914). The psychopathology of everyday life. (A. A. Brill, Trans.). Originally published in London by T. Fisher Unwin. (Original German work published 1901.) [The classic psychoanalytic account of the underlying meaning of slips of the tongue, forgotten names, etc.]

Freud, Sigmund. (1910). The origin and development of psychoanalysis. American Journal of Psychology, 21, 181-218. [Freud's lectures at Clark University ; the introduction of psychoanalysis to North America .]

Freud, Sigmund. (1917). The history of the psychoanalytic movement (A. A. Brill, Trans.). Originally published in New York by the Nervous and Mental Disease Pub. Co. (Original German work published 1914.) [Freud's own account of the development of the institutions of psychoanalysis, and of his splits with Adler and with Jung.]


フロイト
彼は多くの優秀な弟子を育てたが、同時に多くの優秀な弟子を破門した。

 


J.M.シャルコー
(1825-1893)
彼はフランス精神医学の権威であり催眠療法の大家でもあった。通称「神経症のナポレオン」。フロイトは彼から催眠療法を学んだ。しかしフロイトは催眠の限界をやがて知ることになる。

 


フランツ・アントン・メスメル
(1734-1815)
催眠療法の祖ともいえるフロイトより一世紀さかのぼるフランスの医学者。力動精神医学、力動臨床心理学の偉大な開拓者、最初の人である。彼は催眠を動物磁気術と称していた。

 


ピュイゼギュール
(1751-1825)
メスメルの後を継いだ動物磁気術の真の建設者。今日の催眠療法の原型を確立。彼は患者とのラポール(交流、信頼感)の重要性を認めた。今日の精神療法全てに通ずる概念である。

 


このページは、心理学サイト「性と文化の革命家」と
「心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?」の記事です。
性と文化の革命家(心理学の偉人伝)  心理学を学ぶには?カウンセラーになるには?(誰でもこれから実現できる方法)  参考文献