香りの愉しみ シュクレロゴ

香りを感じるだけでダイエット!

グレープフルーツの香りには中性脂肪を燃やす効果があることが明らかとなりました!
かぐだけでやせる!!というと、意外に思われるかもしれませんが、なぜやせられるのか……そのメカニズムが解明されています。

鼻から入ったアロマ(香り)成分は、脳の視床下部に届き、自律神経に働きかけます。すると身体を活動的状態にする"交感神経"が元気になり、“ノルアドレナリン”が分泌されます。実はこの
ノルアドレナリンは、脂肪をエネルギーに変える物質を増やすありがたい存在なのです、体脂肪が燃焼される為には、まずリパーゼという脂肪分解酵素によって、脂肪が遊離脂肪酸とグリセロールに分解される必要があり、ノルアドレナリンは、このリパーゼの働きを高め、脂肪分解を促進してくれます。さらに脂肪細胞の中には脂肪を燃やす働きをする「UCP」というタンパク質が存在し、ノルアドレナリンはこのUCPの発現を促すことも明らかななりました。つまりグレープフルーツの香りは脂肪を燃やすサポート的な働きをするわけです。

また、呼吸により肺へ吸収されたアロマ成分は、血液にのってカラダを巡るので、ダイエットだけじゃなく、さまざまな健康効果も期待できます。


また身体を活動的な状態にする交感神経は、自律神経のひとつで、副交感神経(リラックス状態)とセットで働きます。“ずっと交感神経を働かせて脂肪を燃やしては? ”と思われるかもしれませんが、そうなるとカラダは活動的の状態が続き、クタクタになってしまいます。
ONの状態である交感神経と、OFFである副交感神経のバランスを整えることが、健康を維持し、やせやすい体作りで大切になってきます。

グレープフルーツの香り以外で交感神経(ON)状態にする香りには、ペパーミント・レモン・ローズマリーがあり、副交感神経(OFF)状態にする香りは、ラベンダー・スイートオレンジなどがあります。
アロマテラピーは好みの香りを使う事が大前提です。
お好みの香りをセレクトして、ダイエットにアロマを活用してみて下さい。