香りの愉しみ シュクレロゴ



不快な香りは
集中力・記憶力を低下させます。

嫌悪感を抱く香りと集中力・記憶力の関係が杏林大学の研究で実証されています。


実験は試験管に匂い物質を入れたものを
それぞれ嗅ぎながら、
記憶力を検査するテストを受けます。
その結果
1、蒸留水の入ったもの(無臭)7,6
2、たばこの匂い 7,4
3、汗の臭い 5,6
というように汗の臭いを嗅いだ場合に、
記憶力がグンと低下することがわかったそうです。





またカビ臭とフローラル系の香料を含む消臭剤の匂いを嗅いだ時の
それぞれの脳波を調べると、カビ臭を嗅いだ時に
α波(リラックスしながら超集中状態にあり最高の実力を発揮できる状態を示す)の量が
最も少ないという結果も出ています。

試験や勉強する時には
部屋を掃除して悪臭の元を絶ち、良い香りを漂わせておくことが大切ですね。



2007.12.20up

SHOP