香りの愉しみ シュクレロゴ



玄関の臭い、足の臭いは
ラベンダーが消臭します


ライオン株式会社リビングケア研究所の研究により、玄関の不快な臭いの元は靴の中で増殖した「イソ吉草酸」=足の臭い物質である事が判明。これまでの同社のニオイ抑制技術の知見から、この「イソ吉草酸」の抑制効果が期待できる各種植物エキスについて検討を行ったところ、「ラベンダーエキス」に高い効果があることを確認されました。




靴の中では、体から生じた細菌が増殖して靴の中の垢汚れを分解し、『イソ吉草酸』という悪臭が発生します。この『イソ吉草酸』は足の臭いとなっている物質で、悪臭防止法の特定悪臭物質の一つ。皮脂などが細菌に分解される過程で生じ、わずかな量でも強い臭気を感じます。
また靴の中の細菌を分析したところ、細菌数1000万個(1平方cm)が検出され、これはキッチンの汚れた排水溝と同程度だという事もわかり、消臭剤として2007年8月に発売するライオンの製品にもラベンダーが配合されるそうです。
私たちの手元にあるラベンダーは、ますます万能な事が判明しました。
ラベンダーでフットケア、今すぐはじめたいですね。
アロマスプレーの作り方はこちらでご覧下さい>>




2007.6.29up

SHOP