近代貨の流通贋・その他

 近年、五百円硬貨の偽造が世間を騒がせていますが、主に戦前の偽造硬貨類の画像の紹介です。偽造が多いといわれた五十銭銀貨などを例にとっても、実際の当時の偽造硬貨を手にしたり見たりする機会は、極端に少ないものです。確信は持てませんがそれらしい偽造銭をいくつかピックアップしてみました。
 


 竜二十銭銀貨 明治27年銘

 銅製。ギザはやや傾き、メッキが残る。重量4.9gで、本物より0.4gほど軽い。新規製作の刻印?で、精密。

 竜十銭銀貨 明治31年銘

 銅製。重量2.6gで、本物より0.1g軽い。手彫りの文様が良く出来ている。入手時に試鋳貨とホルダーに書かれてあったくらい稚拙だが精密なものである。
 大字五銭銀貨 明治4年銘

 銀製か。重量1.2gで、本物とほぼ同じか、やや軽い。非常に精緻なもの。
 十銭ニッケル貨 昭和11年銘

 材質が異なる。錫、亜鉛系の色を呈す。重量3.3gで、本物より大分軽い。戦前の有孔貨の偽造は少ないといわれる。
  菊五銭白銅貨 明治22年銘

 白銅製か。重量4.9gで、本物より重い。一度型を鋳写して、図案の消えた部分を新たに彫りなおしたものか?。
  菊五銭白銅貨 明治25年銘

 錫製。重量4.6gで、本物より軽い。素人の直写しであれば、このくらい図案がぼけるのが普通か。


ホーム

戻る