近代金貨の贋物・参考品

 近代銭では、貿易銀と並んで偽物の多いといわれた金貨です。まとめて入手する機会に恵まれましたので、公開いたします。スキャナーで画像を撮りました。赤っぽく写っていますが肉眼では黄色っぽい色に見えます。長年、銀貨と銅貨を中心に扱ってきた者として感じるのは、各コインとも大きさの割に「重量感」があるという点ですね。

 近年は財務省からの放出もあり注目されている銘柄です。昔から台湾・香港製などの贋造品が多いです。偽物以外にもヤフーオークション等に参加された方より「次点詐欺」の被害が報告されています。高額品購入時は注意してください。

 


 旧十圓金貨 明治4年銘

 台湾・金製。大きい為か、横から見ると歪みがある。重量15gで、本物より1g以上軽い。

 旧五圓金貨 明治7年銘

 台湾・金製。重量7.6gで、本物より軽い。
 旧二圓金貨 明治3年銘

 台湾・金製。重量3.3gで、本物とほぼ同じ。極印のひび割れなど細かい個所もそのまま鋳写されている。 
 旧一圓金貨 明治4年銘

 台湾・金製。重量1.8gで、本物よりやや重い。エッジの修正をしくじったのかこすり跡が目立つ。
  新十圓金貨 明治42年銘

 台湾・金製。重量8.6gで、本物よりやや重い。
 左・旧2円金貨龍図 拡大 
 右・新十圓金貨 拡大

 二圓は龍図非常に精巧に再現されているのがわかる。十圓のほうは平面部の肌に「ぶつぶつ」があり、贋造品とわかる。この程度の出来であれば10Xのルーペで十分看破できる。
  新二十圓金貨 明治37年銘

 金製。重量15.93gで、本物よりやや軽い。表面は見るからにざらついている。
 旧五圓金貨 明治7年銘

 銅合金製?。重量5.7gで、本物より大分軽い。鋳造品で出来は悪い。銅のような色だがグレーっぽい輝きがあり比重が重そうなので鉛合金の可能性がある。糸鋸のようなもので削って確かめた跡がある。
  旧二十圓金貨 明治3年銘

 金製?。重量31.81gで、本物よりやや軽い。デザインが甘く、鍍金のように見える。磨きすぎた場合も同様の見栄えとなる。写真のように45°近い傾斜がある。
  旧一圓金貨 明治4年銘

 金製?。プルーフ様の輝きがあり、とても精巧に出来ている。かなり新しい贋造品と思われる。
  新十圓金貨 明治32年銘

 鍍金。重量4.8gで、本物より明らかに軽い。面背のデザインが傾斜している。


ホーム

戻る