古銭の磨き方
私は手持ちが少ないので実際に磨いたことは少ないです。買っておいた重曹も料理用になってしまっています。
 銅貨・金貨は磨けない?
 金貨は磨けないようです。銅貨・真鍮は「真鍮磨き」で光らせるという話を聞きます。コイン店にも専用のクリーナーが販売されています。しかし、薬品で銀貨などを磨いた場合、長い年月を経ると黄色く変色したりするようです。銅貨も表面の汚れを軽く洗い流す程度にとどめ、地金の輝きがモロに出てしまうほどはいじらないほうがいいです。銀貨も磨きすぎてメッキしたようになってしまったものをたまに見かけます。銀貨は重曹を薄めた溶液にひたし脱脂綿で軽く拭きます。洗った後はさびないようによく乾かします。しかし、この方法については異論があります。洗った後のコインが白っぽくなってしまいます。どうしてもという場合に限り、弱い薬品に短時間浸すということがあるようです。いずれにしても上級収集家はこのような洗い方はしないようです。経験によって「洗ったもの」と看破されて、金銭的価値も下がります。

 そもそも磨いてよいものか
 コイン収集をはじめて間もない人や、初心者にはギザ10、5円玉などをピカピカに磨いている人もいることでしょう。これらの楽しみを否定するつもりは全くありませんが、高価な古銭は絶対に磨かないほうが良いです。重曹など、いかに細かい粒子であろうと綿で拭こうと細かい傷がつくことは避けられません。蒐集界では「クリーンド」とよばれ状態のランクが下がってしまいます。銀貨のくもりや銅貨の表面の茶色い層(うわぐすり?)は取らないほうがよいです。銀貨の微妙な変色やくもりは場合によっては状態の良さをあらわし、銅貨の表面の古色などは好まれます。穴銭の錆びは時代を表すものとされています。逆に磨かれた状態が不自然だと考える収集家も多いようです。海外の場合は日本より状態の分類(グレーディング)が、発達しているようです。古銭を磨こうとしていろいろ方法を尋ねると、やらないほうがよいと言う方がいるのは、表面が磨り減って価値が下がることを知っているためです。泥を洗い落とす程度はよいでしょう。
 
 

ホーム

戻る