近代銭に関する知識
 ここではコイン収集の用語などのうち近代銭に関するものを集めて見ました。
 近代銭とは
  古銭学の用語でいうと慶長年間以降の貨幣をさすようですが、一般的には明治時代以降に作られた日本のコインのことを指します。「近代コイン」とも呼ばれます。現在使用できる硬貨(現行貨)も洋式のため、近代銭に含めることがあります。現行貨を含む場合は「現・近代銭」と呼ばれることもあります。
 近代貨幣の持つ意義
  近代貨幣は明治維新における日本の貨幣の近代化において重要な意義を持っている。江戸時代、慶長の幣制と呼ばれる「両・分・朱」という四進法の単位を使用した貨幣制度が確立された。当時としては画期的なこの制度も、長年の間に海外貿易などによる金銀の流出、幕府財政の悪化などにより、貨幣の改鋳が繰り返され品位が落ち、全国の各藩が独自貨幣を鋳造するなど、幣制は次第に混乱しました。しかも、色々な既得権に結びつい私札・藩札が大量に流通しており、これをいかに整理するかと言う問題もありました。
 こうした中、国際的に通用する貨幣として、欧米の制度が参考にされて「円・銭・厘」と言う十進法の貨幣制度が成立しました。
 古銭の価値・価格
 古銭の価値についてはよくメールを戴きますが、一般に誤解されている事が多い。コインには、「地金の価値」「歴史的価値」「収集界での価値(希少性など)」などの要素がある。まず、一つ目は「古銭の歴史的価値」をどう見るかということである。古銭をコレクターとしてみた場合と一般人・歴史家などの観点で見つめた場合、コレクターは希少価値の高いものを珍重する傾向があるが、歴史上から見て現存数というのは「流通上の優劣」を判断する材料にはするが、希少性に起因する金銭的価値は無視されるであろう。

 また、コインは当然金属の素材価値という物があって、流通当時はその素材価値と額面の価値との差は常識の範囲内である。管理通貨制度に移行する前はその金属素材の価値が、貨幣の価値とほぼ一致している。併し、廃貨となると額面とのリンクがなくなるわけであるから、どのくらい市中に残存しているかが、価格決定の重要な要素となってくる。つまり、殆どの鋳潰しの危険に晒されていないコインは素材価値とコイン市場における価値は無関係になってくるのである。ただし、収集界においても、仮に現存数各10枚の金貨と銅貨があった場合は当然金貨のほうが高くなる。これはそのコインの「見栄え」や「品格」に起因する。

 一般の人はとかく金貨の場合、その金貨の金属価値とそのコインの市場価値をリンクさせたがる傾向があるが、金貨にも発行動機によって「地金型金貨」と「プレミアム型」のものがあり、前者は「金」を資産として持ちたいという人向けであり、後者は額面価値の変化による鋳潰しや偽造を防ぐ為に、あらかじめ額面を素材価値より極端に低くして発行しているため、「コレクションとしてそのコインを持ちたい人向け」のものである。これは素材価値以上の価格で販売されている。

 更に古銭の価格の誤解を招く原因となっているのは「買取価格」と「販売価格」に、極端な差があるという点であろうか。古銭を商売にしている業者があるとすれば、当然、それで生活しているのであるから、生計のために利益を上乗せしなければならず、売るときも買う時も同じ価格には出来ない。カタログの価格は「時価」を基準にしているが、古銭を売りたい一般の人が「どこでもこの価格で買ってもらえる」と考えると無用な誤解とトラブル、あるいは古貨幣の価値に対しての失望などに繋がってしまうのであろう。

 同じモノなのに価格差がある・・・、これはコレクター心理として同じもつならなるべく状態の良いものが欲しくなってくるものである。特に近代銭の場合は打製で表面がデリケートなため、保存状態、変色・磨耗などでの価格差が非常に大きい。
 「エラー銭」
 製造過程のミスで出来てしまったコインの不良品。通常、「手変り」には含めない。有孔貨の「穴無し」「穴ずれ」、極印のデザインがずれて刻印された「ずれ打ち」「ずれエラー」、表面の金属がめくれたり削れたようになっている「ヘゲエラー」など。「穴ずれ」に関しては、デザインの「枠」から穴がはみ出しているかどうかがポイントで、微小なずれの場合はプレミアムはあまり期待できない。こうしたエラー銭は技術の向上と共に減少しているが、アメリカなどの外国コインのなかには大量なエラー貨が存在している場合もある。また、近年「穴を一度ふさいで開け直した変造品」も確認されているので注意が必要である。
 グレーディング(状態評価)
  日本でもっとも普及している近代銭の評価法は、日本貨幣カタログに所載の「グレード評価」です。骨董屋や海外でも広く日本コインのカタログとして親しまれている同書の表紙裏に説明文があります。

  •  完未(BU)

     完全未使用品の略で、表面の輝きが製造時の状態を保ち、磨耗・スリキズ・当たりキズなどが全くないもの。ただし、ごく僅かな製造時のスレ・当たりキズは認められる。

  •  未使用(UNC)

     表面の輝きは製造時の状態を保ち磨耗が無い。しかし、製造時や運搬時のスリキズや当たりキズは僅かにある。

  •  極美品(EF)

     全体としては未使用に近く、表面に製造時の輝きを残している。ごく僅かな磨耗が見られ、肉眼で認められるスリキズや当たりキズが僅かにある。

  •  美品(VF)

     流通時の磨耗・スリキズ・当たりキズ・汚れ・変色が認められる。未使用の輝きを一部に残すものから、図案の一部が磨耗により見えないものまで含む。このグレードに含まれる貨幣が最も多い。

  •  並品(FINE)

     全体に磨耗がすすみ高い部分の図案の多くが消えている。キズが多く、汚れ、変色も全体に見られる。

     近代銭などのコインでは、店頭での販売のほかに、入札誌や通信販売などの流通手段が発達している為、こうした状態評価の方法が必要がある。入札誌や通販では、低額コインを総て写真で掲載するわけには行かないので、状態を短い言葉で表現する。コイン収集の先進国であるアメリカでは、コインが資産としても認知度が高いので、グレーディングの専門業者まで存在する。状態評価は、持っている人、売る人の気持ちが移入してしまう事が多く、投機の目的とするには第三者的な状態評価が求められる事になる。従って非常に詳細且つ厳密な判定が行われる。

     入札誌やコイン店では、独自の表現をする場合もある。例えば貨幣カタログの「美品」から「並品」はあまりにも広い範囲を指す言葉の為、「特美(特美品)」「上(上品)」「佳(佳品)」「中」「並下」「下」「稍劣」「劣品」などの用語が使われる。

     更に、これらの状態評価を補完するのにキズのを形容する用語がある。「バックマーク(製造・運搬時にコイン同士が当たって出来るキズ)」「ヘアライン(髪の毛のように細いキズ)」などです。

     「未使用にも種類がある」・・・使用された極印の状態により最初から磨耗したような不鮮明の状態のものから、打ち初めの非常に美しい状態のものまでいろいろ種類があるものです。表面が鏡のように滑らかで輝くものを「プルーフ状(様)」、曇ったようになったものを「マット状(様)」という場合がある。

  •  「プルーフ貨幣」とは・・・
       見本貨幣として各国に配布したり、収集家向けに発行する「特殊な処理を施された未使用貨幣」です。仕上げの方法により、「ブリリアント(全体を鏡面仕上げにする)」「マット(艶消し状仕上げにする)」「フロステッド(ブリリアントとマットを組み合わせたもの)」などに分けられる。近年発行されている日本のプルーフ貨は「フロステッド」で、平面を磨いて、突起部を艶消しにしている。

     日本でのプルーフ貨の歴史はというと、造幣事業開始時に各国配布したものの中に既に「プルーフ」があったとされています。当時の造幣技術がイギリス仕込みのものであったことから製造法も伝授されたのでしょう。イギリスは17世紀に既にプルーフ貨を製造しています。
     洗いと磨き
     近代銭の場合、コインの状態の良し悪しをランク付けする場合、「ダイヤ光り(洗った為に、ダイヤのようにキラキラ光っている)」「少ミガキ(少し磨いてあるため磨きキズがある)」「未洗銭(流通時の汚れをそのままにしてある。)」「スクラッチ(こすりキズがある)」などの用語を見かけます。コインを磨くと価値が下がることを示す良い例です。
     「円銀」
     一円銀貨のこと。広義には日本の一円銀貨以外のドル銀貨など(銀円?)を含める事もある。重量感があり人気がある。貿易銀貨としての性格が強いため、コレクターの収集の仕方もいろいろである。補助貨幣ではないとして、収集対象から外す人、貨幣として通用した明治30年のものまでを集める人、などさまざまです。明治34年銘以降のものは銀塊として海外で流通しました。(正式には「台湾銀行兌換引換用円銀」や「円形銀塊」などと呼ばれた)そのため、政府は貨幣としての通用停止の際、30年銘以前のものに「丸銀」と呼ばれる刻印を押し通貨と区別しようとしましたが「丸銀」の有無で通用が左右され混乱をきたしたたため、数ヶ月で取りやめました。普通は旧一円銀貨の場合旭日の側、新一円銀貨の場合は「一圓」の表示されている側に「丸銀」を押すことになっており、向かって右側に押されたものを「右丸銀」、向かって左側に押されたものを「左丸銀」と呼びます。

     「円銀」に対して、「洋銀」という言葉がありますが、これは当時流通していた「メキシコ・ドル(墨銀・メキシコ銀・墨西銀)」や、これに対抗する為に鋳造されたアメリカ・英領香港などで作られたドル銀貨をさすようです。「洋」は西洋を意味していて、「西洋の銀貨」といったところでしょうか。三上隆三著「円の社会史」によると、中国ではメキシコ・ドルは「鷹洋」、香港ドルはビクトリア女王の肖像がデザインそれていた為「人洋」と呼ばれたそうです。円銀は竜のデザインのため「竜洋」「竜銀」という呼び方もあったそうです。

     この銀貨に対する愛称のようなものは外国銀貨にも存在します。アメリカでは、「シルバー・ダラー」、イギリスでは「クラウン」、フランスでは「エキュ」、ドイツでは「テーラー」と呼ばれます。外国コインを含めた収集界ではイギリスの呼称にならい、大型銀貨を「クラウン」、小型銀貨を「マイナー」と呼びます。
    丸銀入り円銀(写真は右丸銀)
     「丸銀」
     丸銀については前項で触れましたが、一円銀貨には

  • 貿易銀の時代(明治4年から11年5月26日まで)
  • 本位貨幣の時代(明治11年5月27日から明治31年4月1日まで)
  • 通用禁止後

    の三時代があり、通用が禁止になった時に、既に朝鮮・香港・台湾などで盛んに流通していたものを急に回収すると混乱をきたすため、本位貨幣ではなく「銀塊」であることを示す「丸銀」を打って流通を認めた訳です。
    「丸銀打ち円銀」の総数は2045万枚といわれ、「図録 日本の貨幣」に次のような記述があります。

  • 1 第一銀行の建議により朝鮮貿易に使用するため、政府は明治30年10月から同31年7月までに極印付一円銀貨三三万円を朝鮮へ回送した。(筆者註・・・釜山と仁川)
  • 2 台湾では金本位を実施するのが時期尚早であったので、明治30年10月勅令第三七四号により、台湾に極印付一円銀貨を通用させる件を公布し、政府は同月から同31年7月までに210万円を回送した。
  • 3 明治30年11月威海衛のわが占領軍一円銀貨回送の請求があったので同31年7月までに極印付一円銀貨19万7175円を送った。
  • 4 上海・香港等で極印付一円銀貨および銀塊を売却した。 なお、明治31年7月引換期限終了後は極印なしで売却した。 極印付一円銀貨の売却高は次のとおりである。

      香港へ回送売却高 13.953.000円
      上海へ回送売却高    550.000円
      台湾へ回送売却高  2.250.000円

  • 5 補助貨幣製造地金として106万9825円の極印付一円銀貨を造幣局へ渡した。

       1の「第一銀行」は朝鮮にも支店があり、頭取の渋沢栄一は当時かなりの力があったので、日銀の総裁と直接「通用禁止後の円銀に刻印を打って朝鮮で使用する」と言う案について交渉し、これが受け入れられたといわれる。

     この「丸銀」ですが、「右打ち」と「左打ち」が存在する理由には諸説あります。

  •  造幣局の技師の「右利き」「左利き」によって偶発的に発生したもの。
  •  左に打つことになっていたが、たまたま逆に打ってしまった物があるだけ。
  •  生産管理上の区別をつけるためで、大阪本局で打ったものは「左打ち」(総数1,835万枚)、東京に出張して打ったものは「右打ち」(総数210万枚)である。
  •  円銀の回送先の区別をつけるために打ち分けたもの。例えば「朝鮮用が左丸銀」「台湾用が右丸銀」。

     二番目の「右打ち東京ミント説」については世界的中のコレクターが愛用するコインのカタログ「standard catalog of WORLD COINS」に記述があります。

     収集界では、旧一円の竜図側に打たれたもの、○銀が逆さまに打ってある物、打ちそこないで両側に打っている物などが少なく人気があるようです。
  •  「荘印」について
     「荘印(カウンターマーク)」
     「修正品」・「かいざん品」について
     「修正品」・「かいざん品」
     手変り
     「手変り用語の基礎知識」
     「特年」と「並年」
     同じ貨種のコインを各年号別に見たときに、比較的入手しやすいものと、入手しにくいものが存在します。入手しにくいものでは、よく知られているものに五百円白銅貨の昭和62年銘があります。こうしたものを「特年」または「特年号」と呼びます。逆に入手しやすいものが「並年(並年号)」です。
     「タイプ別収集」と「年代別収集」
     「タイプ別」とは「旭日竜大型50銭銀貨」「旭日竜小型50銭銀貨」「竜50銭銀貨」「旭日50銭銀貨」・・・という種類ごとに集める手法。これに対して「年代別収集」というのはたとえば「桐一銭銅貨」の「大正5・6・7・8・9・10・11・12・13年・・・」と年号ごとに集める手法です。
     試鋳貨・未発行貨
     造幣局で硬貨を発行する際、事前にデザインの確認や量産体制に入る前の試験を兼ねて「試作品」のようなものを製造することがあります。これがいわゆる試鋳貨と呼ばれるものです。未発行貨というのは、実際に量産したが当時の情勢の変化で市中流通まで行かなかったものです。微妙なのは大型50銭黄銅貨の昭和22年銘ですが、これは数千枚が流通貨に混入したという説があります。昔、骨董屋さんが一斗缶で黄銅貨を買い付けると、一、二枚入っていたというような話もあります。

     この分野の文献ですが、「月刊ボナンザ」昭和41年8月号より2、3号にわたり掲載された「昭和の試鋳貨」「近代の試鋳貨と未発行貨」に沢山の写真と拓がある。また、忘れてならないのは塚本豊次郎著の「貨幣沿革図録」である。大正9年12月の印刷となっているので、それ以降のものは掲載が無いのですが、それまで発行された近代銭の詳細なデータ・拓と共に「試鋳品」の項が設けられ、当時造幣局に現存していた全ての試鋳貨の拓とデータを確認できる。その、凡例を引用すると、(旧字体は現在の字体に変換)

  •  一、実物ノ「径」「量目」其他ノ説明ヲ掲ケタリ

  •  二、試鋳品ハ総テ通貨二アラス文字ノ如ク試ミニ鋳造シタルモノナリ但シ「記年」ヲ異ニスルノミニテ総テ通貨ト異ナラサルモノアリ之ヲ見本品トス故ニ編者ハ此二者ヲ合シテ試鋳品ト称ス

  •  三、試鋳品ノ鋳造枚数ヲ正確ニスヘキ記録ナシ然レトモ二、三枚ヨリ尠ナカラス十枚位ヨリ多カラサルハ明カナリ(明治十年以前ノ枚数ハ不明ナルモ少数タルコトハ明カナリ)故ニ何レモ珍品トシテ愛銭家ニ重宝サレ之ヲ収得スルコトハ絶対不可能タラストスルモ容易ナラサルコトハ敢テ言ヲ俟タス

  •  四、本書ニ登録以外明治三年ノ試製品ト称シテ愛銭家ニ重宝サレツツアルモノアリ編者モ亦タ一、二之ヲ実見シタリ然レトモ之ト同一ナルモノヲ造幣局ニ所蔵サレス是等ハ造幣局鋳造ニ係ルモノト信スヘキモ確信出来サルニ付本書ニハ之ヲ登録セス

     この一文を見て解る通り試鋳貨の製造枚数は数枚と推測され非常に希少なものであること、大正時代当時から民間にも一部試鋳貨が流出し愛銭家の蔵するところになっていた事、また造幣局に現存しないタイプのものが民間で所有されているが、本物かどうか確信が得られないことなどがわかる。しかし最近は試鋳貨も試験の段階で大量に生産される事があるようである。平成14年に発覚した新五百円試鋳貨流出事件では、同タイプのものが、本局で623万枚、東京支局で115万枚、広島支局で288万枚製造されたというから相当の数である。これほどの枚数だと発行予定のものを急遽変更したのではという疑念すら湧いてくる。  
  •  シークレットマーク
     コインの一部には偽造対策といわれる「シークレットマーク」と呼ばれるものが存在する。極小のピンホールや、重紋などのデザインを施す。ただし、一般に知られると逆効果であるため、単に造幣技術を誇示したものであるとも言われる。
     新500円の秘符
     ルーペ
     古銭の鑑定をするとなるとルーペが必需品である。慣れてくると直感というか、古銭の第一印象で大体わかるようになってきますが、修正や鋳造品などの肌を観察するにはやはり欠かせません。また、手変りの判別にも不可欠です。ルーペは、ペンシル型の高倍率のものや、卓上に置くとピントが合うように設計されたものなど目的によって多種存在しますが、個人的には「質屋さん」などでも鑑定に使用されている「繰出しルーペ」がおすすめです。
     こうしたルーペは「時計・めがね店」「カメラ店」などで扱われています。カメラ店では、デジカメの普及により以前のようにルーペが沢山並んでいるということが少なくなってきたように思いますが、カタログなどで取り寄せが可能です。メーカーはドイツの「エッシェンバッハ」、日本製では「カートン光学」「ビクセン」「ピーク」などが主流のようです。同じ倍率のルーペでも値段の高い安いがありますが、「光の反射を防ぐ」加工が施されたものが高価のようです。

     左 繰出しルーペ
     右 卓上型ルーペ(ビュークラフトルーペ)
     


    ホーム

    戻る

    [Copyright (c) 2000 by Nikichi]