五十銭

 ここでは、五十銭硬貨を紹介します。一円銀貨(円銀)は主に貿易決済に使用されたため、戦前、庶民的には事実上この五十銭が一番高額なコインであったといえるでしょう。ここでは、大正7・8年銘で製造されたものの銀価高騰のため流通しなかった、「八咫烏(やたがらす)五十銭銀貨」は割愛しました。(存在数が少なく珍品のため)
 


旭日龍大型五十銭銀貨

 明治3年と4年銘がある。
直径32.20mm 品位 銀 800 銅 200 量目 12.50g

旭日龍小型五十銭銀貨

 明治4年銘のみ。直径のみ縮小されている。初期の銀貨の厚さが薄かったため、少し厚めに変更したものと思われる。「大竜」と呼ばれる、「竜図」の若干大きいタイプの手変りが存在し、収集界では珍重されている。
直径31mm 品位 銀 800 銅 200 量目 12.50g

龍五十銭銀貨

 明治6年から38年銘がある。発行時期は、大きく前期(6・7・9・10・13年銘)と後期(30〜38年銘)に分けられる。13年銘は179枚しか発行されていない珍品で、美品200万円前後の評価となる。
直径30.90mm 品位 銀 800 銅 200 量目 13.48g
旭日五十銭銀貨

 明治39年から大正6年銘が存在する。かつては「中丸」という愛称で呼ばれたようである。
直径27.27mm 品位 銀 800 銅 200 量目 10.13g 
小型五十銭銀貨

 大正11年から昭和13年銘が存在する。各年1000万枚以上の製造がある中、昭和13年銘は360万枚ほどの製造数で、プレミアムがついている。「小型五十銭ギザ」などと呼ばれた。
直径23.50mm 品位 銀 720 銅 280 量目 4.95g 
大型五十銭黄銅貨

 昭和21・22年銘が存在する。22年銘は極端に数が少なく、正確な発行枚数は不明である。20万円を越える値段がついていて驚かされる。ゆえに「試作品が流通貨に混入したのでは」などの憶測を呼んでいる。
直径23.50mm 品位 銅 600〜700 亜鉛 400〜300 量目 4.50g 
小型五十銭黄銅貨

 昭和22・23年銘が存在する。
直径19mm 品位 銅 600〜700 亜鉛 400〜300 量目 2.80g 


ホーム

戻る