二銭銅貨

 二銭銅貨。重量感のある銅貨です。専門に集めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 


 二銭銅貨。明治6年から17年の記年がある。(欠年号あり)こちらの竜のウロコは「角ウロコ」と呼ばれるタイプです。

(直径31.81mm。品位 銅 980 錫 10 亜鉛 10 量目14.26g。)

 明治17年銘。こちらの竜のウロコは「波ウロコ」と呼ばれるタイプです。

(直径31.81mm。品位 銅 980 錫 10 亜鉛 10 量目14.26g。)

 波ウロコの拡大写真。

 角ウロコは明治6年から10年銘、波ウロコは明治10年から17年銘である。10年は両方存在するが、角ウロコがやや少ない。収集界では、同一年号に2種以上のデザインが存在する場合、デザイン違いのことをを「手変り(手替り)」と呼ぶ。



ホーム

戻る