一円

 通貨の基本単位である一円は、明治4年、貿易用の銀貨と本位貨幣の金貨が発行されました。明治11年より一円銀貨も本位貨幣となり、日本の幣制は「金銀複本位制」になりました。明治30年には「金本位制」に復帰、31年に一円銀貨は通用禁止となりました。以後戦後になるまで通貨としての一円の額面のコインは製造されませんでした。
 


 旧一円銀貨。
 明治3年銘のみ。
 直径38.58mm。品位 銀900 銅 100 量目26.96g。

 新一円銀貨(大型)。 明治7年銘より20年銘まで発行。
 直径38.6mm。品位 銀900 銅 100 量目26.96g。
 菊紋の側に打たれている「丸銀」の極印は、明治30年から翌年にかけて、一円銀貨の通用停止が決まった後、これは通貨ではなく「銀地金」であるとの意味で打たれたものである。

 新一円銀貨(小型)。 明治20年銘より30年銘まで発行。
 なお、明治34年銘から大正3年銘のものは、台湾兌換銀行券の引換用の基金として製造されたもので銀塊として扱われた。
 直径38.1mm。品位 銀900 銅 100 量目26.96g。

 一円黄銅貨。 昭和23年銘より25年銘まで発行された。
 戦後に発行された1円玉なので現在も通用しそうなものだが、物価の上昇でコインの材質の価値が額面に近づいたため通用禁止になったものである。
 直径20mm。品位 銅 600〜700 亜鉛 400〜300 量目3.20g。



ホーム

戻る