「狩勝峠」私的資料室







ここは「夕張新得線のホームページ」の跡地です。
「「狩勝峠」私的資料室」のサーバーが消滅したので内容をここに移設しました。
旧コンテンツは こちら
  • 「夕張新得線のホームページ」旧コンテンツ

  •  もぐりの自称郷土史家?こと「にきち」のHPです。よろしく。
     (このHPの文章を資料等に転載する場合は作者あてにメールを下さい。)
     H18.2.11 更新

     「狩勝峠(かりかちとうげ)」
     狩勝峠は北海道中南部に位置し、道東と道央・道北を結ぶ峠である。「狩勝」の名称は「官設鉄道十勝線」の路線選定にあたった田辺朔郎工学博士の命名による。「狩」は「石狩」より、「勝」は「十勝」よりそれぞれ一字ずつとったものであるが、これは旧国名に由来するものである。現在、峠の石狩側は「上川支庁」管内であるが、旧国名「石狩国」は石狩川流域全域に当たる非常に広い範囲をさしていた。「石狩」というと石狩市などの存在する道央の「石狩支庁」を指す事が多いため、多少の誤解を生ずる一因となっている。峠の東は十勝支庁管内の上川郡新得町、西は上川支庁管内の空知郡南富良野町で、国道38号線が標高644mの鞍部を越えている。





     狩勝峠といえば、峠のSLを思い浮かべる方も多いことでしょう。新得町内には今も新内駅跡の「59672」、新得山スキー場前の国道沿いに「D51 95」と2両のSLが静態保存されています。

     その他、新得町公民館前に9600形、元新得機関区事務所前と、新得小学校にはD51の動輪が設置されています。
     新得駅前には台座に「59618」の煙室扉のレプリカをはめ込んだ「火夫の像」があります。



     新得関連の地名

  • 「新得」とはどういう意味か? 「新得」という地名にかかわる地名解。
  • 「オダッシュ山」の由来 明治期の旧「十勝国道」峠越え南側にある山名にかかわる地名解。


  •  鉄道系の話題

  • 石勝線開通20周年(平成13年10月6日)
  • 鉄道時計 札幌鉄道局・鉄道時計の話。


  •  狩勝関連のグッズ

  • キーホルダー 狩勝峠に関連のキーホルダーです。
  • 幻のカリカチクレンザー 歴史とまでは行かなくても古くて珍しいもの面白いものを紹介していく予定です。
  • 狩勝の歌(平成17年8月14日)


  •  旧狩勝線関連のページ

  • 鉄道旧狩勝線と石狩道路(十勝国道)の路線選定を考える平成15年9月21日追加
  • 旧狩勝線(新得付近)の古レール平成16年7月10日追加
  • 旧狩勝線「狩勝信号場構内図」平成16年9月10日追加
  • 旧狩勝線「落合ー狩勝信号場間の橋梁」平成16年11月21日リンク
  • 狩勝峠の絵葉書 パノラマの部平成16年11月20日追加
  • 狩勝峠の絵葉書1平成16年11月20日追加
  • 狩勝峠の絵葉書2平成17年3月12日追加


  •  郵便趣味系の話題

  • 一枚の紛来葉書《明治42年》(平成18年2月11日)




  •    狩勝峠の戦前絵葉書を探しています。特に以下アングルのもの。譲ってくださる方はメールください。
    また、新得駅の戦前の駅弁包装紙、切符、拓鉄の鉄道時計なども探しています。
    クレンザーの他に新得郵便局の明治時代の郵便物や拓鉄の戦前のパンフレットも入手できましたので、何れHPで紹介していこうと考えています。
    新得の常設展示の郷土資料館が出来ないので、BC級の資料から鉄道史など偲ぶことができる場所にしていく予定です。
    新得町内のマイナーな地名、アイヌ語地名、集めています。





    旧狩勝線の落合から新得までの標高データを基に作成。
    距離はチェーン(×10)。80チェーンで1マイル。標高はフィート。

  • 狩勝峠私的資料室のリンク集

  • 狩勝峠私的資料室のリンク集



    .