地積測量図  

ある土地の一部を売却するには、登記簿上の土地の分割を、法務局に申請しなければなりません。

その申請の際に添付する測量図のことを地積測量図といい、土地の分筆登記のほか、地積の更正

登記、新たに土地が生じた場合や登記されていない土地を表示する表示登記などに添付します。

地積測量図には、面積算定のための求積方法、方位、地番、縮尺、境界の種別などが記載され、

登記された地積測量図は登記簿の付属書類として、登記所に永久保存されます。

地積測量図の役割としては、土地の売買時の境界の公示、災害時の境界再現、境界紛争の防止

等が、担われています。