公図  

  公図とは、明治6年に実施された課税の為(地租改正事業)の地図を基礎としており、

 登記所に保管されている土地台帳附属地図の事である。

 一般的には現地復元性がなく、正確性に欠けているが関係土地の位置、形状、地番に

 ついては比較的正確である。