lesson日記U 2007
(2007.07.07.〜)

2007.07.07.(土)
ことしの夏も、暑くなるようで…
教室へ到着したら、外気温は27℃…

気合を入れて、教室のドアを開けたら、
蛍光灯は消してあり、ひんやりぃ〜っ(^^♪

りま先生の、心遣いか?
それとも、わたしの存在感がないのか?

着替えを済ませて、軽くウォーミングアップ後、
レッスン開始となった。

念のため、外人プロのビデオを確認しながらのレッスンとなったが、
観るだけで、技術を吸収できるわけではなく、
フィガーが難しいため、わたしの表現力には、余裕がまったくない。

前半のレッスンでは、かなりキツイお言葉をいただいた(-_-;)>

レッスン後半では、汗も流れてボディーも柔らかくなり、
少々だが、お褒めのお言葉もいただけたが…

自分で、納得が出来るだけの踊りにはしたいと思う。


2007.07.15.(日)(2007.07.17更新)
北海道も、かなり暑くなってきた。
気合を入れて、教室へ向う。

無事到着し、りま先生へご挨拶をして、更衣室へ向かい着替えを済ませ…

ウォーミングアップ開始。

軽く、シャドウを踏んだあと、レッスン開始となった。

前半は、シャドウの確認をしていただき、細かなカウントとネックの使い方、
スウェイを含めたボディーの使い方、フットワークなど…

盛り沢山で、わたしの脳は、容量不足で悲鳴をあげた。
てか、脳が理解しても表現には至らない。

後半では、組んでの指導となり、しっくりいかない状況ではあったが、
レッスン終了間際で、どうにかスローらしい表現が出来た。

この感覚を、大切にしたい。


2007.07.21.(土)
朝から、暑い…
着替えは、フル装備で教室へ向う。

睡魔と闘いながら、無事到着。

愛車から降りたら、もも先生の姿が…
お久しぶりのご対面で、
もも先生「がんばってねっ♪」
「はいっ(^^♪」

がんばるさぁ〜(-_-;)>

教室へ入り、りま先生へご挨拶後、着替えを済ませウォーミングアップ後、
軽くシャドウを踏んで、レッスン開始。

シャドウの確認後、組んでのレッスンとなった。

蒸し暑いなか、曲に合わせ一歩ずつ踏みしめるたび、Tシャツが重くなる。
汗拭き用のタオルは、持ってきているが、今は使わない。

後半は、ボディーコンタクトもやや馴染んできてレッスン終了となった。

りま先生「後半は、少しよかったよ。スウェイも馴染んできたみたいだしねっ♪」
「ありがとうございます」

レッスン終了後、汗拭き用のタオルを、こっそり給湯室で濡らして絞り、
更衣室で下着ごと脱ぎ、汗を拭いてフル装備に着替えして、すっきり♪
わたしは、おやじなのか?
だとしたら、うぅ〜ん(-_-;)>


2007.07.29.(土)(2007.07.30.更新)
真夏日までにはならないが、北海道も日中は暑苦しくなってきた。

着替えのフル装備で、気合を入れて教室へ向う。

無事、到着。

デモの曲が流れている中、急いで着替えを済ませ、
軽くウォークとシャドウ開始したところ、りま先生が登場。

りま先生「カセットテープと同じで、MDもメーカーや品質によって、
全然音が違うんだよぉ〜♪」
「そうなんですか。いつも価格が安いものを買ってますが…」

音質の実験を、事細かに語り続けること、30分。

ようやくレッスン開始となり、シャドウの確認後、
エンディングの指導が始まった。

シンプルな振り付けだが、表現しだいで素敵になりそう。

組んでの指導となり、フットワーク・ボディーの位置・
スウェイとネックの切り替えのタイミングの確認をしていただいてレッスン終了。

まだ、日にちに余裕があるし、この分だときょねんより素敵に踊れそう♪

がんばるぞぉ〜(-_-;)

帰宅後…
我が家では、すでにご近所さんを迎えての焼肉パーティー第1部が終了したらしく、
第2部がこれから始まるところだった。

すでに、ことしは3回目…
父はきょねんの記録を更新する意気込みらしい。


2007.08.04.(土)
イメージトレーニングで美しいスローを脳に焼き付けながら、
1週間を過ごした。

台風が来るらしいが、気合を入れて教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くウォーミングアップ後レッスン開始となった。

シャドウの確認後、組んでの指導となり早くも汗だくになりながら、
細かな指導を受けた。

後半では、フットワークも柔らかくなり、ボディーもトーンが出てきた。

つま先を意識しながらのフットワークで姿勢を保ち、
ボディーのバランスを考えながら大きくスウェイをつけて、
ネックを美しく切り替える。

徐々にではあるが、スローらしくなってきた。

ことしこそは、素敵に踊りたい(-_-;)>


2007.08.12.(日)
ここのところ、北海道もかなり蒸し暑くなってきた。

気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

外気温は、なんと34℃(-_-;)>
しかも湿度が高い…

教室のドアを開けると、ややひんやりしているものの、
湿度は高い。

「こんにちわ♪」
りま先生「早く、シューズ履いてぇ〜」

で、着替えもせずにシューズを履いたが…
1ヶ月ほど前から、Tシャツに短パンのわたし。
鏡になかの自分の姿が気になりつつも、レッスン開始となった。

フィガーを部分的に確認していただき、組んでの指導となった。

エンディングが少々変更になったものの、1曲を通して踊ることが出来たが、
まだまだ未熟。

レッスン終了時には、Tシャツは汗だらけ、短パンはしっとり…
これを着たまま帰ることになった。


2007.08.18.(土)
きょうも、たっぷり汗かくぞぉ〜♪
気合を入れて教室へ向う。

無事、到着。

教室は、ひんやりとしていたが汗は覚悟の雰囲気。

着替えを済ませて、シャドウ開始後、
間もなく、レッスン開始となった。

りま先生「なんかさぁ〜、この曲飽きてきちゃったよねぇ〜」
「そぉ〜ですか?」
りま先生「曲、変えてみようか?」
「そうですね…」

で、次々と変わる曲でわたしのシャドウ地獄がはじまった。

これでもかぁ〜と、トーンを張り、
スウェイを付けてネックを思いっきりしなやかに(気持ちだけだったと思うが)
汗だくになって踊った。

りま先生「なんか、きょうはいいねぇ〜、張りきっているねぇ〜」

ことしになって、はじめて褒められたような気がする。

スローのみ収録されたCD、1枚分を踊りきって(-_-;)>、
曲が変更となった。

小節数が、まったく同じなので、フィガーはそのまま。

しかし、雰囲気が違ってなんとなく大人っぽい感じで(#^.^#)うふっ♪

いま暑い北海度が、涼しくなって雪が降ってきたら、パーティーは間近。

ことしこそ、素敵に踊るぞぉ〜(^^♪


2007.08.25.(土)
朝、目が覚めたらまぶたが重い。
あわてて鏡を見たら、両目が埴輪のように腫れていた。

う〜ん…
そういえば、夕べは職場のストレスのせいか、まつげを指で引っ張っていたし…
ばい菌には、かなり抵抗力がないので、そのせいか?

極力刺激を与えず、2時間ほど経つと少し治まってきた。

慎重に洗顔後、薄くファンデーションとアイブロウペンシルで顔を整えて、
眼鏡を使用しての運転で、いざ教室へ向う。

無事、到着。
外気温は29℃。
汗かくぞおぉ〜(-_-;)>
眼鏡はケースに入れ、愛車のコンソールボックスへしまう。

ご挨拶を済ませて、着替え後、軽く足慣らしした後レッスン開始となった。

りま先生「ひさえくん、シャドウ踏んでえぇ〜っ!」
「はいっ♪」

しかし、コンタクトレンズも眼鏡もなしで踊るのはかなりの不安がある。

曲が流れ始めて10秒も経たないうちに…
りま先生「(台詞省略)」
か…書けないくらいの、ありがたいお叱りのお言葉を頂いて(-_-;)>
ここで帰ろうかと思った。

しかし、いま帰ってしまったら、もうダンスとは無縁の体型になるであろう。
がんばって気持ちを抑える努力をした。
(ってか、上手くなる努力をしなきゃね…と、帰宅後思った)

りま先生「エントリーから、もう一回踊ってえぇ〜!!!」
「はい…」
定位置へ向うため、りま先生へ背を向けた瞬間、声は出なかったが、
わたしの口が勝手に動いた。
「○○○○い」
肩も動いたかもしれない。
眉間にも、動きがあったかもしれない。

冷静を取り繕い、シャドウを始めた。

組んでの指導では、悔しさを拭うように、ボディートーンを張り、
大きくスウェイをつけ、ネックラインを意識して踊ってみた。

りま先生「いいよぉ〜、いまのいいよぉ〜♪」
「ありがとうございます」

で、レッスン終了。

本日の教訓
・目が良く見えないと、リズムもよく見えない。
・キツイ言葉に腹を立てず、
 あたたかい指導の言葉として受ける。 (口も肩も眉間も動かさない)
・悔しさを、踏み台にして努力する。


2007.09.01.(土)
北海道は、やや涼しくなってきたが…
まだまだ、蒸し暑い。

気合を入れて、教室へ向う。

あと、30分ほどで教室へ到着と思いきや、
渋滞どころではなく、停車状態。

長い行列を作り15分ほどは、誰もが紳士淑女と、よいお子様だった。

停車後、20分を越えた頃パトカーがサイレンを鳴らし、前方へ進んでいった。

車外へ出て様子を伺ったり携帯で連絡を取ったりする人が増えた。

ん?わたしの携帯は圏外だぞっ!docomoなのにぃ〜っ!
いったいどこの携帯なんだろう?

停車後、30分を越えた頃ようやく行列が少しずつ流れ始めた。

玉突き衝突らしく、6〜7台の事故車がトンネル内の端に停まっていた。

ようやく携帯の圏外表示が消えたので、
予約時間には間に合わない旨を連絡した。

無事(?)、遅れて到着。

りま先生「事故だったの?」
「はい、トンネル内での玉突き衝突です」

急いで着替えて、レッスン開始。

フィガーが変更になった。

流れを確認して、細かな指導を受けシャドウすると、1曲ぎりぎり…

もう、詰めれるところがないので、ぜったい間違えられない。

後半の組んでの指導は、1曲踊ったのみで、
変更したフィガーの確認後、レッスン終了となった。

なんだか、疲れた1日だった。


2007.09.09.(日)
ようやく、北海道らしい気温となったが、台風のせいか湿度が高い。

ペットの、レッドホーンスネール2匹の調子がおかしい。
メイン水槽では、ミッキーマウスプラティーが貝をつつくので、
数日前から、別水槽で飼育し様子を伺ってはいたのだが…
大量に繁殖してしまった。

繁殖する元気(?)があったのに、なぜか体調がよくないようだ。
がんばり過ぎたんだろうか???

とりあえず、親貝2匹をメイン水槽へ移し、
気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くウォーク後レッスン開始となった。

やはり、一部フィガーが変更になった。

変更になった箇所を含め、
全体を通しての流れをシャドウで確認していただき、
後半は、組んでの指導となった。

…が、組んでの指導は2曲のみ。

これで、いいのかしら?と思いつつ帰路へ…

帰宅後、レッドホーンスネールの稚貝水槽には異変がなく、
親貝をメイン水槽から繁殖用水槽へ戻し、
稚貝の成長と共に親貝の回復を祈り、売れることを願う(#^.^#)


2007.09.15.(土)
おっと、先週の日記で誤りがあった…
レッドホーンスネール(誤)⇒ピンクラムズホーン(正)(-_-;)>

小雨降る中、気合を入れて教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くウォーミングアップ後レッスン開始となった。

先週変更になった部分の確認後、一部、カウントの取り方が変更になり、
シャドウバトルとなった。

どうにか1曲を通してシャドウが踊りきりたいが…
りま先生からの、あたたかい罵声が耳から脳に突き刺さり、
小心者のわたしの心を震わす。

「りま先生、2分15秒黙ってて…」心の中でつぶやいた。

気を取り直し、気合を入れてようやく1曲を通してシャドウができたところで、
レッスン終了となった。

部分的には、組んでの指導があったが、こんなんでいいんだろうか?

降り続く雨の中、帰路へ。
あぁ〜、ワイパーのゴムがボロボロだぁ〜(-_-;)>
わたしの心も…


2007.09.22.(土)
はや、9月も後半…
気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くウォークとシャドウで身体を暖めて、
レッスン開始となった。

先週の変更箇所の確認後、シャドウバトルとなった。

割とバランスも良く、フットワークも丁寧にボディートーンもしっかりしていたが、
曲の後半は体力が持たず…

りま先生の、あたたかい罵声が飛んできた(-_-;)>
小心者のわたしは、途中で踊りをやめた。

りま先生「後半だめぇ〜!!!全然だめぇ〜っ!!!!!
なんで、最後まで踊らないの?」
ひたすら、堪えた。
りま先生「踊りが小さいし、感情がこもっていないっ!!!」
「大声で、頭ごなしに怒鳴られたら踊れなくなるでしょっ」と、
心の中でつぶやいた。

りま先生「黙っているから、自分なりの表現で踊って」
わたしの気持ちが、顔にでたのか態度にでたのか…
心が通じたのか…

自分なりに、感情を込めて出来るだけの…
精一杯のシャドウを踏んでみたが、りま先生は見ていなかった(-_-;)>

いいさっ…

後半は、部分的に組んでの指導となった。

ボディーのフィット感も良く、なかなかいい感じのところで、
レッスン終了となった。

帰宅後、ピンクラムズホーンの稚貝を観ながら、
わたしも心豊かに成長しなくては、と反省した。

ワイパーのゴム、買わなきゃ…


2007.09.29.(土)
すっかり秋になってしまった。
パーティーまで、残り少ないレッスンを大切にしなくては…

気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生「素質があるんだから、がんばろうねっ♪」
「えっ」空耳だろうか?

軽くウォーミングアップとシャドウ後、レッスン開始となった。

りま先生「素質があるんだから、ねっ♪」
「はぁ」やはり、空耳ではなかった。

しかし、わたしのスローには余裕と言うものがない。
次のフィガーを考えながら、1曲をようやく終える程度。

りま先生の望む、優雅で艶っぽいダンスには、程遠い…

前半のシャドウでは、いつもよりは優しい口調ではあったが、
やはり大声で怒鳴られ…
後半の組んでの指導では、どうやら息をすることを忘れてしまい…
倒れそうになった。

こんなんで、素敵なスローが踊れるんだろうか?

不安が脳裏を過ぎり、レッスン終了となった。

疲れきり、睡魔と戦いながら帰路へ向った。


2007.10.06.(土)
職場での不満を、多々抱え…
転職とフィガーを考えながら、気合を入れて教室へ向う。

無事、到着。

着替え後、軽くウォーミングアップとシャドウ後、レッスン開始となった。

きょうは、姿勢に十分気をつけ、スウェイを思いっきり表現し、
ネックの表情も大きくしたいと作戦を練ってきた。

前半の、シャドウの確認では、まだヒップアップが足りないとのことで、
後半の、組んでの指導では、思いっきりヒップアップして、
がんばってみた。

うぅ〜ん♪
なかなか、いい感じで踊りが表現出来そう(*^_^*)

かなり、腰にはキツイがビデオで観る外人ダンサーは、
やはりこれくらい(以上だよっ!)ヒップアップしている。

わたしは、ヒップアップが足りないから、
胸から上を反るとバランスが崩れてしまう。
だから、ネックを上手く使えない。

しかも、バランスが悪いため、十分にボディーを押し出せる余裕がない。

上手く踊れない原因が、解ったんだから、修正は可能。

次回のレッスンまでに、姿勢の矯正は、完璧に近いものにしたい。


2007.10.13.(土)
おぅっ(-_-;)>
先週の日記の日付が、間違っていたことに…
いま、気がついた。

「ヒップアップ、ヒップアップ…」と、唱えながら教室へ向う。

家を出てから、忘れ物に気がついた。

パーティーで着る衣装の画像…

ネットで、かなりお安い価格で発見(#^.^#)v

びっくりする価格だが、デザインは◎
しかもジョーゼット素材にスパン付き(#^.^#)v
送料無料で価格はひみつ♪ふふっ…

在庫が少ないようなので、りま先生の許可を頂く前に注文してしまった。

色は、ターコイズ。

8色あったが、いままで暖色系しか着ていなかったので、
寒色系に挑戦してみる。

無事、教室へ到着。

着替えを済ませて、思いっきりヒップアップして、
軽くウォークしてみたら、バランスも良いし、
頭から足先までのボディートーンも感じられる。

シャドウを確認後、組んでのレッスンとなり、
一部フィガーが変更となった。

やはり、ヒップアップに気持ちを集中すると、
バランス、ボディートーンとともに、スウェイも自然に表現できて、
ネックも上手く使えたような気がする。

いままで、考え込んだ表情で踊っていたが、
これなら、笑顔で踊れそう。

変更箇所の確認後、レッスン終了となった。


2007.10.20.(土)
はや10月も後半を過ぎ、残り少ないレッスンを大切にしたいと、
気持ちを引き締め、超特価で購入したドレスを持ち教室へ向う。

無事、到着。

りま先生「ドレス、持ってきたんだぁ、いくらしたの?」
「○5,900円で、送料込みでした」
りま先生「デモで、着れるドレスなの?まぁ、いいから着てみてよ」
「はいっ」

家で試着した分には、問題無さそうだし、
風合いもデザインも、価格以上に評価できるし…

着替え終了後、いざお披露目♪

りま先生「うん、いいねっ」

で、ドレス着用での組んでの指導となった。

少々緊張気味であったが、部分的なフィガーの指導をしていただき、
レッスン着へ着替え、細かな指導を頂いた。

りま先生「今度、去年のドレスも持ってきてね」
「はい」

そろそろ、小心者から脱出する技を身に付けなくては…(-_-;)>


2007.10.28.(日)
紅葉は、散りはじめ…
愛車の走行距離は、10万kmを超えた。

気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませ、軽くウォーミングアップ後、
りま先生「曲、飽きたから違うのにしてみるから、シャドウしてぇ〜」

レッスン開始となり、曲が変わると微妙にテンポも違うし…
がんばって、シャドウしてみたが、きょうは調子がいい。

りま先生「次、この曲でシャドウしてみてぇ〜」
いつまで続くんだろうと思いながら、次々変わる曲でシャドウした。

結局、ことしの初めに決めた曲に決定(?)か?
1年間、おなじ曲を聞き続けるのも少々辛いが…
曲で、踊りのイメージも変わるのだし、たびたびの曲の変更は、
リフレッシュにはなるが、けっこう辛い。

後半は、組んでの指導となり、微妙な調整を指導して頂いて、
これなら、素敵に踊れそう(^^♪

まだまだ、試行錯誤の段階だが、イメージを心に焼き付けて素敵に踊りたい。


2007.11.03.(土)
はや、11月になってしまった。
なんとなく、組んでの踊りもまとまりかけてきた。

気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませ、いつもよりヒップアップに集中しながら、
ウォークとシャドウ後、レッスン開始となった。

シャドウの確認後、細かなカウントの微調整をして頂いて、
組んでの指導となった。

なんとなく、いい感じで踊ることができ、
ネックの切り替えの微妙なタイミングと、ボディーの張り、
フットワークを調整していただいたら…

りま先生「見違えるような、踊りになったよぉ〜♪」
と、お褒めの言葉を頂いた(#^.^#)

久しぶりに、気分良くレッスン終了。

きょうの感覚を忘れず、来週のレッスンまでしっかり身に付けたい。


2007.11.10.(土)
思いっきり、ヒップアップのイメージを脳裏に刻みつつ…
教室へ向う。

無事、到着。

なにやら、電気関係の工事らしく、
作業員が2人来ているらしい。

着替えを済ませて、更衣室から出たとき、
作業員から、声を掛けられた。
「曲かけて、シャドウしてぇ〜♪」

作業員は1人で、もう1人は作業服を着た「りま先生」だった…(-_-;)>

なんで、作業服を持っているんだろう?

軽くウォーミングアップ後、シャドウを始めた。
ヒップアップするとバランスもいい。

慌しさが納まり、レッスン開始となった。

シャドウの確認後、組んでのレッスンとなった。

数箇所の微調整後、流れもスムースになった。

あと、1ヶ月ほどでお披露目となるが、自信を持って踊れるかどうか…


2007.11.17.(土)
先週調整した箇所を、思い出しながら、教室へ向う。

無事、到着。

着替え後、ヒップアップと姿勢、フットワークとスウェイ、
ネックの位置に集中してシャドウ開始。
バランスも良く、いい感じでレッスン開始。

シャドウの確認後、組んでの指導となり、
きつく指摘されると、右肩があがってしまい、なおさら指摘が…(-_-;)>

いまさら、急に上達するわけもなく、開き直ってリラックスして踊ってみたら、
褒められた(#^.^#)

そうだよねぇ〜、緊張していたらスムースには動けない。

もう少し、図太い神経を身に付けなくてはと、しみじみ思いレッスン終了。


2007.11.24.(土)
きょうは、何を言われてもへこたれないぞ…
と、緊張せず姿勢とフットワーク、スウェイとネックに集中し、
図太く踊ることを決意して、教室へ向う。

積雪のためか、やや渋滞気味であったが、無事到着。

着替えを済ませ、ヒップアップし背筋に形状を記憶させ、
軽くウォーク後、レッスン開始となった。

まず、今回のデモにフィガーをコピーさせていただいた、
外人プロのビデオを観ながら、動きのチェック。

同じ動きにはならないが、イメージとして脳裏に焼き付けた。

シャドウのチェック後、組んでの指導となった。

余裕の笑顔とまでは行かないが、スムースな流れのなか、
バランスも良く、落ち着いて踊れた。

りま先生より、踊りにくい箇所が数ヶ所あるとのことで、
指導いただいて、調整後、よりスムースな流れが出てきた。

残り少ないレッスンを大切にして、パーティーでは素敵に図太く踊りたい。


2007.12.01.(土)
パーティーまで、あと2週間(-_-;)>
もう、いまさら後には引けないし…
女は度胸で、教室へ向う。

無事、到着。

きょうは、ドレス着用にてのレッスン。

雰囲気とイメージを高め、当日の緊張をほぐすため、
りま先生が提案してくれた。

ドレス着用にて、軽くウォーミングアップ後、軽くシャドウしてみた。

鏡の中の自分を、ふと見ると…
す、少し痩せなきゃ…
でも、あと2週間しかないし…
とりあえず、レッスンに集中することにした。

シャドウの確認後、組んでの指導となった。

曲を通しての流れは、まずまずだが、
めちゃくちゃ難しい構成のため、顔は真剣そのもの…

あと、わずかな期間で余裕と笑顔ができるのか?

疑問を多々残して、レッスン終了となった。


2007.12.08.(土)
きょうのレッスンでは、ボディートーン、フットワーク、
スウェイとネックを上手く使って、しっかりしたバランスで、
リラックスして笑顔で踊りたいと、イメージしながら、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませ、軽くウォーク開始後、息ができない。
強度の緊張が、わたしを襲ってきた。

いまから、緊張してどうする?
りま先生に悟られないように、軽くシャドウ開始。

身体が震える。
あぁ…どうしよう(-_-;)>

レッスン開始で、シャドウの確認。
やや肩に力が入ったものの、とりあえず1曲を終えた。

組んでの指導では、やはり息ができない。
黙って座っていても、2分以上息を止めることは困難で、
しかも、踊りながら2分以上息を止めていると死んでしまう。

苦しくなり、あえなく曲の途中でリタイヤしてしまった。

原因は解っている…
りま先生が、叱咤し怒鳴ることがトラウマとなってしまった。

叱られないように、怒鳴られないように、指導されたように踊ろうとしても、
身体は緊張し、肩に力が入り息ができない。

りま先生「いまの様に、踊ったらデモの途中でも止めるからねっ!!!」

思いっきりの度胸で、リラックスを心がけ、デモ曲に再チャレンジ。
動きもやわらかくなり、緊張がほぐれ、なんとか1曲を通して踊れた。

心の痛みをこらえて、レッスン終了。


2007.12.15.(土)
いよいよ、パーティーは明日。
リラックスを心がけ、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生は、燕尾。
わたしは、練習用に古いドレスを着用しての指導となった。

軽く、シャドウの確認後、部分的な調整をして頂いて、
組んでの指導となった。

入場から、エントリーへ続きエンディングまで1曲を無事踊り終え、
退場までの動きを確認した。

少々、心に突き刺さるお言葉もあったが、明日は図太く踊ることを決意し、
レッスン終了。

全身を使い、心を込めて笑顔で踊ります。


2007.12.22.(土)
反省しつつ、教室へ向う。

いままでどんなに困っても、神も仏も見た事がなく、
業務上のサンタクロースしか見た事がなかった。
しかし、フロアには魔物がいた。魔物が見えた。
言い訳のようだが、魔物はいる。

無事、到着。

いつもより丁寧にご挨拶を済ませて、レッスン着に着替えるや否や…
りま先生より、お叱りのお言葉がわたしを襲った。

予想はしていたものの、かなりキツイ言葉であったが、
歯を食いしばり、来年へ向けての意欲へと心の中で変換した。

りま先生より、来年のデモへ向けての種目の提案があった。

「ワルツ」に、決定したがメドレーになる可能性もあるらしい。

シンプルなエントリーから始まり、曲はまだ決まってはいないが、
ほぼ4分の1ほどのフィガーを指導して頂いて、
後半は、ワルツのベーシックでの膝の使い方を丁寧に指導して頂いた。

指導していただいたとおり、ロアーに気をつけると、
りま先生「すっご〜く、踊りやすいよ。これなら、いいっ♪」と、
お褒めのお言葉を頂いた。

まだまだ、ぎこちないがエントリーからのシャドウを確認して頂いて、
レッスン終了となった。

りま先生曰く「来年も、ことしみたいな踊りであれば、もう踊らないからねっ」
「がんばります」

デモ終了後から、心の痛みは続くが、すべて自分のせいであり、
努力が実らず、気の弱さを感じる自分に腹が立つ。

しっかりしなくては…(-_-;)>