lesson日記U 2006
(2006.07.02.〜2006.12.24.)

2006.07.02.(日)
ここのところ、やけに蒸し暑い…
職場はエアコン完備なのに、「使うな」と通達されている。

上司に気付かれぬよう、こっそり換気扇は回しているものの…
頭部には、すでに軽症の汗疹が出来ているし…
おやじ達は、臭いし…

職場の新築移転と共に、衣装(事務服?)も変わり、
スカート着用は、泣いてお願いして勘弁して頂いてパンツになった。
(かなり事情があるので…)

しかし…
あれだけお願いしたのに、透け透けブラウスに布製のベスト。
1年中、エアコン入れないで、布製のベストぉ〜???
裏地付きのパンツは、蒸れるし…
黙って座っているだけならいいけど、めっちゃ忙しいし…

で、いらいらしながら、
夕べは「シャル・ウィ・ダンス?[オールスター社交ダンス選手権]」のビデオを観ながら、お気に入りの座椅子で熟睡してしまった。

夜中に目覚めて、ベッドへ移動したが、左股関節が痛い。

起床後も、左股関節が痛い。

「痛いの、飛んでけぇ〜」と、呪文を唱えて、教室へ向う。

無事、到着。
「痛いの」は、飛んでいかなかった。

着替え後、ウォーク開始後、レッスン開始。

自律神経に、痛くないと言い聞かせ(方法は定かではない)たが、
やはり、痛い…

前半はシャドウの確認、後半は組んでの確認となり、
やはり、痛みは隠し通せず…

りま先生「きょうは、元気がないね?何か、心配事でもあるの?」
「大丈夫です(-_-;)>」

りま先生、心配してくれてありがとうございます。
来週は、きっと元気にレッスンを受けられます。


2006.07.09.(日)
はや、7月も半ば…
かなり蒸し暑くなってきたし…
よぉ〜し、汗かくぞぉ〜で、教室へ向う。

無事、到着。

教室は、ひんやりしているものの、やはり湿度は高い。
着替えを済ませて、ウォーク・シャドウ開始。

かなり、シットリしたところで、レッスン開始。

シャドウの確認後、組んでの指導となった。
ネックの位置、切り返すタイミング、ヒールターンのボディーの使い方。

後半は、組んでのウォークの指導で、かなり水分排出してレッスン終了。

めちゃめちゃ難しいが、パーティーでは素敵に踊りたい。


2006.07.15.(土)
ここのところ、北海道もめちゃめちゃ暑い…
少しだけ、汗疹が出てきた。

よぉ〜し、汗かくぞぉ〜で、教室へ向う。

無事、到着だが…ここも暑い。
教室内の気温は20℃。
着替えを済ませて、ウォークとシャドウ開始で、レッスン着はシットリ…

レッスン開始で、冷や汗も混じり、シャツは身体にまとわりついてしまった。

前半は、シャドウの確認と、ボディー・ネックの使い方とフットワークの指導。
後半は、組んでの指導で、かなり「シットリ(汗)」と踊れた。

流れるように、床を這うように優雅に踊りたい。
日にちも少なくなってきたし、今後の課題は山積み…

でも、がんばる(-_-;)>


2006.07.23.(日)
汗疹は、少しよくなってきたが…
「職場のエアコンを作動させるな」と言うなら設置しなけりゃいいのだし、
年中着っぱなしのユニフォーム…
(「好きなの選べ」って言ったのに、すべて却下…(-_-;)>)で、
パンツは裏地付き、ブラウスは透けるから、
裏地付きの冬用ベストは、この時期も脱ぐことは出来ないし…
稟議書出せって、意見が通った頃には涼しくなるだろうし…

まっ(-_-;)>、きょうも汗かくぞ!!!の勢いで、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生「日にちが、もう少ないんだよぉ〜、がんばってよねっ」
「はい」(週1じゃ、やっぱね…)

着替えを済ませて、ウォーク開始。
シャドウを始めようと思ったところ、レッスン開始。

りま先生「きょうは、ボディーの使い方と、ネックの使い方を集中的に行います」
「はいっ」

シャドウの確認後、組んでのレッスンとなり、
ボディーの使い方(苦手なヒールターンを含む)と、
ネックのきれいな使い方の指導をして頂いてレッスン終了。

汗拭き用のタオルを、こっそり教室のキッチンで水に浸し、
更衣室で全身を拭き…
わたしは…「おやじ」なんだろうか?(-_-;)>と、思った。


2006.07.30.(土)(7月31日UP)
朝は、涼しいと感じたが…
教室へ着くと、外気温は29℃。
よお〜し(-_-;)>汗かくぞっ♪

りま先生は、笑顔で出迎えてくれた。
レッスン着に着替えて、ウォークとシャドウ開始。

汗が、じんわりTシャツに馴染んだ頃、レッスン開始。

りま先生「きょうは、調子がいいし、気合も入っているからねっ」
「はい、よろしくお願いします」

前半は、シャドウの確認と細かなカウントのチェック。

後半は、組んでの指導となり、ボディーの切り替えし時の、
スウェイとネックの位置を指導していただいた。

フェザーステップから、ヒールターンにつながる、
もっとも苦手な部分で、ボディーは思い切りスウェイをつけて、
フットワークにも気をつけて、ネックを綺麗な位置まで持っていく。

りま先生「そうだよっ!!!外人選手は、みんなそうやって踊るんだよぉ〜♪」

かなり、しんどいし…バランスを崩しそうで怖いけど…
褒められたら、やはり嬉しい(*^_^*)v

これは、絶対に身に付けなくては…
来週までに、イメージを頭に焼き付けることにして、レッスン終了。

帰宅途中、携帯が鳴った。
自宅からだった…
父「帰りに、肉とbeerを買ってきてくれ。金は有るか?」
「はい、(確か、3,000円と小銭)有ります。」

夕べは、ことし初めての「一家3人での屋外焼肉パーティー」と、なり…
更新は翌日となってしまった。

父「あと、2〜3回、しないといけないなぁ〜♪」
いけなくは、ないと思うのですが…(-_-;)


2006.08.05.(土)
はや、8月…
しかも、ことしの北海道は、猛烈に暑い(-_-;)>

汗疹が、あちこちに出来てしまった。

思いっきり汗かいて、汗疹を治すぞぉ〜(…って、治るのかい?)

教室へ無事到着。
外気温は、32℃…
愛車から降りたとたん…すでに汗が流れていた。

りま先生「暑いねぇ〜。ことしは地震が起こるよ。絶対!」
「はい、暑いですねぇ〜」

ご挨拶を済ませて、更衣室で着替えを終え、ウォーク開始。

先週、指導していただいたスウェイを意識しながら、シャドウ開始。
感覚を少し思い出したところで、レッスン開始。

りま先生「きょうは、スウェイを中心に指導します」
「はいっ、お願いします」
りま先生「シャドウしてっ!」
「はいっ!」

エントリーから、間もなく…
りま先生「スウェイが、足りなぁ〜いっ!これくらいするのっ!!!」
で、毎度観せて頂く、りま先生の優雅で艶っぽい女子の演技にうっとり(*^_^*)

真似してみても、スウェイとフットワーク、ネックの向くタイミングが、
ばらばらなので、美しくない(-_-;)

かなり落ち込んで、後半の組んでの指導となった。

気が滅入っているせいか、暑さのせいか…
力が抜けて、ボディーコンタクトも良く、スローらしくなってきた。

最後に、
りま先生「やっぱり、ヒールターンが良くないねっ」
「自分でも、苦手なので緊張します」

で、ヒールターンの特訓となり、
ボディーの使い方とタイミングを指導して頂いて、
レッスン終了となった。

ことし一番の、汗の量だった。がんばるよぉ〜(-_-;)


2006.08.12.(土)
こんなに、暑い日が続いていいんだろうか?
日中は蒸し暑く、夜も寝苦しい…
でも、痩せない。

愛車を運転して、教室へ向う。

レーダー感知器が、「ピロッ…ピロッ、ピロピロ…」
慌ててブレーキを踏んで、速度は60kmに落とした。

パトカーが、ゆっくりと動き始めた。

わたしか?わたしか?わたしかぁ〜っ???

パトカー「左に寄って、止まってください」
やはり、わたしなのか…

警察官「スピードの記録です。確認してください」
「はい」でも、これって車番は記録されていないので、なんとも言えない。

一通り、手続きを済ませ、
警察官「印鑑お持ちでしょうか?」
「はい」
警察官「お持ちなんですか…」
どうやら、指紋が欲しかったらしい。

警察官「この先も、やっておりますので、お気をつけてどうぞ」
なら、看板でもだしてくれ…

礼儀正しい警察官だったので、まぁ腹は立たなかった。

気を入れ替えて、教室へ向う。

無事到着で、りま先生シャドウ中。
挨拶を済ませて、更衣室へ向う。

レッスン着に着替え、ウォーク開始後、
りま先生「3箇所、変更になるからねっ」
「はい」

変更箇所の指導後、シャドウの確認。
後半は組んでの指導となり、ヒールターンが少しよくなってきた。

がんばるさっ♪


2006.08.19.(土)
北海道って…毎年、こんなに蒸し暑かったかしら?

嫌になるくらい、暑い日が続いている。
もっと、暑いところに、住んでおられる方は、尊敬いたします(ーー;)

気を引き締め、愛車のスピードも引き締め、教室へ向う。

きょうは、取り締まりに捕まらず、無事到着で、りま先生にご挨拶(^^♪

着替えを済ませて、ウォーク開始直後…
りま先生「ここと、ここと、ここっ、変えるからねぇ〜♪」
「はいっ」

結局、曲全体の長さと流れを考慮したら、
「2つ目のここと、ここっ」のみ変更となり、エンディングも、ほぼ決定。

覚える気力がなくなるから、あまり変更して頂きたくないが…
全体での印象が良くなるなら、仕方がないし…

前半のレッスンは、変更箇所のカウントの確認とシャドウのチェック。
後半は、組んでの指導となり、どうにかいけそうな感じに仕上がった。

汗だくになり、レッスン終了。

もう、きょうは汗が出ないと思う。


2006.08.27.(日)(28日更新)
ほんの少しだけ、涼しくなり北海道らしくなった。
しかし、夜から朝にかけては涼しくなったが、日中はまだまだ暑い。

気合を入れて、教室へ向う。

パトカーにも出会わず、無事到着。

りま先生、シャドウ中。
んっ???なんか違う???

ご挨拶を済ませて、更衣室へ向う。
う〜ん、先週変更になった箇所が、違ってる…
着替えをしながら、フィガーを整理する。

ウォーク開始で、シャドウを踏みかけた頃、
りま先生「ちょっと、変えたからねぇ〜っ」
「はい(もうやめて…)」
しかし、流れが綺麗になり、表現が豊かになるのなら仕方がない。

前半は、試行錯誤でフィガーの入れ替えをして、
最終的な(?)流れを確認後変更となった。

後半は、組んでの指導となり、ボディーの使い方、ネックの位置、
フットワークを念入りに指導していただいた。

ここのところ、パワー全開の「りま先生」には、脱帽…(-_-;)>

帰路にて、スローのMDをガンガン鳴らしながら、頭の中で整理する。

信号で停止したとき、何気にケイタイを見たら…
3件の留守電があった。

「おいっ、焼肉するからbeer買って来い」
「beer買って来いっ、何時に帰るんだ?」
「beer、beer、買って来いよぉ〜」

すべて、父からの電話だった。

beer購入後、帰宅したら…
父が1人で、肉を焼いて食べていた。

毎度のことだが、毎回わたしの車庫で炭火で肉を焼かれると、
かなり、辛いものがあるが、ことし最後の焼肉と言うことなので、
まぁ、我慢するさ…

焼肉でパワーが出るかと思い、肉をbeerで飲み込もうとした時…

父「ことし、もう1回焼肉出来るよなぁ(*^_^*)」
あのね…


2006.09.02.(土)
職場の友人から頂いた、赤いミッキーマウス・プラティーが…
8匹居たのに、4匹しか見えない。
きっと、どこかに隠れているんだと思う(-_-;)たぶん…そうさ…

気を引き締めて、教室へ向う。

無事、到着。
りま先生、シャドウ中。

軽く会釈をして、更衣室へ向う。

着替え後、ウォークとシャドウ開始。

汗が流れたところで、レッスン開始。
先週変更になった箇所の確認後、シャドウを確認して頂いて、
組んでの指導となった。

後足(あとあし)での、押し出しが不十分な部分では、
頭の位置が不安定になり、ラインが崩れてしまう原因が判明した。

上半身の張りを保つことと、フットワークの修正に少々時間がかかったが、
後半ではボディーもフィットし、バランスもよくなり、
まったりとしたスローに近づいてきたような気がする。

残るレッスンが少なくなり、少々不安もあるが、素敵なスローにしたい。


2006.09.09.(土)
ミッキーマウス・プラティーは…
3匹しか見当たらない。
絶対どこかに隠れているんだと思いたい。
けどぉ…
たぶん、ホワイト・アカヒレが食べたんだよぉ〜(-_-;)>

超ミニ水槽に「ベタ(雄)」と「アップル・スネール(性転換可能)」各1匹。
ミニ・メイン水槽には「ホワイト・アカヒレ(雌〈産卵直前〉雄〈プロポーズ中〉)」各1匹。
「ミッキーマウス・プラティー(雌2匹、性別不明1匹〈ちびっ子なので解らない〉)」と、
「アップル・スネール(性転換可能)2匹」が生息中。

みんな元気に育つことを願いながら、餌を与えて教室へ向う。

無事到着。

りま先生、シャドウ中。
ご挨拶を済ませて、更衣室へ向う。

着替え後、軽くウォークを始めたころで、レッスン開始。

前半は、シャドウの確認。

後半は組んでの指導となり、なかなかボディーがフィットせず、
身体の前のほうに重心を置きながらの後退を、
姿勢、フットワーク、ネックの位置も兼ねて、丁寧な指導をして頂いて、
「へなちょこスロー」が、「おとなのスロー」に変化してきた。

りま先生「いつも、そういうダンスだと、とっても踊りやすいんだよぉ〜♪」
「はい、がんばります」

でも…かなり、しんどい(-_-;)
てか、やはり努力と辛抱が、美しいダンスとして評価されるのだと思う。

がんばるぴょん♪


2006.09.17.(日)
毎日が、忙しくって…(-_-;)1週間が「あっ」という間に過ぎてしまう。

わたしの「クローン人間」が、売っているのなら、価格だけ知りたい。
…売ってるわけないさっ(-_-;)>

と、思いつつ…頭の中で先週までの復習を確認しながら、教室へ向う。

無事、到着。

教室の窓から、りま先生が手を振ってくれた。
すかさず手を振り、想いっきりの笑顔を創った。

きょうは「吉日」かしら?と思い、教室へ入ったが…
「笑顔効果」は、反映されず、着替え後…いきなり組んでのレッスン開始で、
正しいウォークと、スウェイを付けながらのネック位置を細かく指導していただいた。

頭の中では、十分解っているけど、ゆっくりなリズムの中でさえ、
表現できない。

てか、ゆっくり聞こえるリズムなのに、めっちゃ忙しい。

ボディー・コンタクトの大切さを意識しながら、
リズムの取り方で、踊りの表現がこんなにも変わるんだなぁ〜と、
新しい感動を認識した。

素敵なスローを踊れる事を夢見て、がんばりましゅです…(-_-;)>


2006.09.23.(日)
日ごとに涼しくなり、秋を思わせる風が、肌に心地いい。

↑詩人だねぇ〜(-_-;)>

ゆうべの帰宅途中、”またまた(3回目)”おかま掘られた。
信号待ちで、停車していたのに…(ブレーキ踏んでたし)

場慣れ(?)しているわたしは、ささっと話を進めて、修理へ向けての対応をした。

とても紳士な方で、自宅まで「ケーキ」を届けていただいて、
追突の衝撃も、いままでで一番ソフトだった。

ケーキは、ほぼすべて母のお腹に納まった。

気を取り直して、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生、スピーカーの修理中。
少しお手伝いをして、更衣室へ向う。

後退ウォーク開始後、間もなくレッスン開始。

シャドウの確認後、組んでの指導となり、一部フィガーが変更となった。

気をつけているつもりだが、苦手なフィガーは腰を引いてしまい、
バランスを崩す傾向が確認された。

自信がないため、脳のどこかで、どうにか誤魔化そうとしているんだと思う。

それって、絶対よくないから、残り少ないレッスンを、より大切にして、
素敵な踊りにしたいよぉ〜!


2006.10.01.(日)
はや、10月…
パーティーまでのレッスンは、あと数回…

気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生は、音楽鑑賞中。
こっそり着替えを済ませたら…
どうやら、故障していたコンデンス式のスピーカーを自分で修理したようで、
レッスン開始前に、CD鑑賞のひと時となった。

小気味良いジャズのビートで、こっそりスローのシャドウを踏みながら、
ウォーミングアップ後、レッスン開始。

ようやく、レッスン開始となり、
シャドウの確認、組んでの確認となり、
いまの所、選択した曲は2曲で、どちらでも対応が出来るように、
エンディングでの調整で、対応は可能。

てか、第一候補曲は、ほぼ決定しているのだが…

組んで不具合のあった部分の、調整をして頂いて、
レッスン終了。
りま先生「少しだけなら、練習して行っていいよ」
「ありがとうございます」

普段、仕事が忙しいし、練習する場所もないので、
ありがたく練習させていただいた。

自分なりに納得してから、帰路へ向った。

一生に一度は、素敵に踊りたいものだ。


2006.10.07.(土)
預かった「ベタ(熱帯魚)」が、♂1匹、♀4匹…
昆虫用のプラケース1個。ガラス瓶4個。
ふたの色も、それぞれ環境も違う中での飼育は、とても気を使う…
まして、死なせて返す事など出来ない。

気にはなるが、餌をあげて食欲の確認後、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くウォーミングアップ後、レッスン開始。

前半は、シャドウの確認して頂いて、フットワークとネックの位置の指導となった。

後半は、組んでの指導となり、フットワークに伴うボディーの流れの確認で、
ボディーを止めることなく、スウェイを付けながらの、
ヒールターンがとても綺麗になったと、嬉しいお言葉を頂いてレッスン終了。

しかし、優雅なヒールターンの成功率は、まだ低い(-_-;)>

素足にシューズを履いているので、練習用とはいえ…
かなり、汚れと臭いが気になってきた。

かなり履き込んだシューズなので、
失敗を覚悟の上で自分で洗ってみることにする。


2006.10.14.(土)(17日更新)
数日前…
我が家に、「ミステリー」が、起こった。
普段、音信のない叔母から、やたら電話があり…
意味不明の発言等があり、困惑していたところ、
実情を把握するため、「父と母の捜査隊」が、動きだした。

叔母には子供は居ず、夫が病で入院し、親類との交流もなく、頼る先もなく…
切羽詰まっての、め〜いっぱいの自己表示だったらしい…
いままで、逢うことを拒否していた叔母が両親を自宅へ迎え入れてくれた。

両親が、訪問したときは「脳梗塞」らしい行動が見受けられ、
親類と相談後、捜査隊を増員して再度の訪問を試みた。

再捜査開始後、2度目の訪問時…
叔母「あらぁ〜、みなさんお越しいただいて…
じゃ〜、お寿司でも、とりましょうね」
母「並でい〜ですよぉ〜」
叔母(電話での出前注文時)「特上でお願いします」

で、お寿司は並なのか…
特上だったのかは、いまは誰にも聞けないが、
お寿司ディナー開始直後に、叔母は天国へ行ってしまった。

叔母の自宅には、遺影としての写真はなく…
わたしの家にある、昔のアルバムを探索する事となった。

…交流がないんだから、写真なんて無いわけで、
結局見つかった写真は、わたしの祖父のお葬式の集合写真が1枚と、
スナップ写真2枚。

どれも、米粒2個ほどの顔の画像で、いくら頑張ってスキャンしても、
遺影には使えそうにはない…
が、たぶんどれかを使ったんだろうなぁ〜

そんなんで、UPが遅れてしまいました(-_-;)>
言い訳が長いなぁ〜…はははっ(-_-;)>疲れたし…

おっ、レッスン日記だった。
教室へは、無事到着し…

悩んでいるわけではないが…
わたしは、大きな声が苦手。
電話などで、大きな声で話をされると(反射的に受話器は遠ざけるが)、
鼓膜が「き〜ん」と、いつまでも響いている。
てか、小さい声でも十分理解できるし…(-_-;)>

鼓膜のどこかに、ヒビでも入っているんだろうか?

そんな訳で、レッスン時にも「大声」で、叱咤されると、耳が「き〜ん」となり、
頭の中は、空白になる。

もう、レッスンは残り少なくなって、少々焦りも出てきているが、
なるべく緊張しないように、気にせずマイペースを心がける。

りま先生は、かなり気合が入っていたが、
きょうは静かな口調で細かな指導をして頂いた。

で、ゆったりと伸び伸びした(?)、
スローを踊ることが出来た。(←わたしなりの評価で…)

りま先生「パーティーでは、リズムとステップだけを、間違わないようにねっ」
「はいっ」

で、レッスン終了。

変更箇所があったので、着替える前に、軽く自主練習後、帰路へと向った。


2006.11.04.(土)(9日更新)
我が家に起こった「ミステリー」の結末は、悲しいものだった…

叔母が亡くなり、12日後に叔父も亡くなった…

叔父の葬儀で、久しぶりに両親と逢ったが、
家財やマンションの処分をするため、まだ家には戻れないとの事で、
わたしは、寂しく留守番を続けることとなった。

叔父は、病院へ行きたがらない妻を気にかけ、
自分の辛い症状を売薬で誤魔化しながら、通院もせず絶え…
我慢ができなくなり入院へ至ったらしい…

叔父の身体は、数ヶ所に癌が転移していた。

末期の苦しみは、耐え難いものだったと思う。

愛って…なんだろう?
家族って…なんだろう?
しあわせって…なんだろう?

とりあえず、両親も一旦家に戻ってきたし、
ネットで購入したドレスも、無事届いたし…

教室へ向う。

無事、到着。

「こんにちわ」
りま先生「何、持ってきたの?」
「ドレスですっ♪」
りま先生「あ、そっ」

さっそく更衣室へ向い、初試着(-_-;)>小さかったら、どぉ〜しよう…
で、着れた(^^♪

りま先生「ちょっと、大きいんでないの?」
「直すまでもないですぅ〜(-_-;)>」(てか、お裁縫は苦手)
りま先生「そうだね、いいね」
「ライン・ストーン、貼ったほうがいいですよね」
りま先生「そぉ〜だね」

曲が流れていたので、ドレス着用でシャドウを踏む。

あの…ちゃんと見て欲しいんですけど…(見るに至らない???)

レッスン着に着替えて、レッスン開始。

少し、レッスンをお休みしていたので、かなりキツイ指導となった。

シャドウの確認後、エンディングの指導となり、
今回のエンディングは、それほど難しく無さそうで、一安心。

残り少ないレッスンを大切にして、当日は爆発するぞぉ〜♪


2006.11.04.(土)
ゆうべは、喪中のはがきを作成し…
250枚をプリントしたあと、寝たのは何時だったろう?

多少、睡眠不足だが、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生、MDの編集に没頭中。
軽く挨拶を済ませて、更衣室へ向う。

ウォークとシャドウ開始。

なかなか、身体が暖まらない。

レッスン開始で、シャドウの確認をして頂いた。
細かなカウントのチェックがあり、後半は組んでの指導となった。

う〜ん…(-_-;)>
ボディーコンタクトもよくなく、フットワークもよくない。

レッスン終了間際になり、ようやくスローらしくなってきた。

こんなんじゃ、いけない…と愕然としてレッスン終了。

レッスン終了後、りま先生からMDの編集テクニックを聞かれ、
丁寧に指導して、帰路へと向った。

そろそろ、ドレスにライン・ストーンを貼り付けないと…(-_-;)


2006.11.18.(土)
ここの所、早めに就寝しているが、日中なぜか眠い…

パーティー用のドレスは、少々ゆとりがあるものの、
一応、体力に影響のない程度のダイエットは行っていて、
ボディーは、引き締まってきたものの…

体重が減っているわけでもないし…

たぶん、1ヶ月ほど不在した両親が家に戻ってきて、
ほっとして気持ちがリラックスしてきたんだと思う。

睡魔と闘いながら、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生は、オーディオの裏で、なにやら作業中。

軽くご挨拶を済ませて、更衣室へ向う。

ウォーミングアップ後、レッスン開始。

シャドウの確認後、組んでのレッスンとなり、細かな指導を頂いた。

後半は、ベーシックでの組んでの指導となり、
ゆったりと曲に浸りながら踊ることを教えて頂いた。

レッスン終了後、急激に襲ってくる睡魔と闘いながら、
途中仮眠して無事帰宅した。

そして、いまもまだ眠い…(-_-;)てか、いま21:48だし…


2006.11.23.(木)
クリスマスパーティーまで、日にちが残り少なくなった…
教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くウォーミングアップ後、
前半はベーシック、後半はデモ曲に合わせて組んでの指導となった。

ヒール・ターンのカウントを少し変えて、ボディーが使えるようになり、
踊りやすくなった。

レッスン終了後、もも先生より「シークエンス・ダンス」への参加のお話があった。

もも先生「これから、シークエンス・ダンスの練習があるけど、
時間は大丈夫?」
「はい、大丈夫です」

人数が揃わなかった場合は、参加することにして、集まった仲間達と、
軽く練習して帰路へついた。


2006.11.25.(土)
ゆうべ、雪が積もり、すっかり冬景色となった。
気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

着替えを済ませて、軽くシャドウ後、レッスン開始となった。

前半は、細かなカウントの確認と、ベーシックの指導で、
自信はないが、素敵なスローに近づいてきた。

後半は、デモ曲に合わせて組んでの指導で、
ネックの方向を変えるタイミングと、
ヒール・ターンを正確なカウントで行うことを忘れないようにしよう(-_-;)>

レッスン終了後、MDの編集テクニックを聞かれ…
丁寧に説明してきたつもりだが、成功したのだろうか?


2006.12.03.(日)
北海道は、すっかり冬になってしまった。
冬と言えば…クリスマス・パーティー…もうすぐやん(-_-;)>

気合を入れて教室へ向う。

2時間かかって、ようやく到着。(予約時間ぎりぎり)

着替えを済ませて、軽くウォーミングアップ後、レッスン開始。

きょうは、何を言われても平常心でゆったり踊るぞぉ〜…と、
十分に心がけたつもりだが、
やはり、大声で怒鳴られると、萎縮してしまい、
脳が指示を出していない筋肉が、勝手に緊張してしまう。

りま先生「先週の踊り方と違うでしょ…きょうはど〜したのっ!!!」
「…(その、大きな声がわたしの心を動揺させるんです…)」

冷静を保つことを心がけながら、ベーシックとデモの指導を、無事(?)終了。

りま先生「パーティーでは、楽しく踊ろうねっ♪」
「はいっ」

嗚呼…(-_-;)>無事、帰宅。


2006.12.09.(土)
パーティーまで、あと1週間…
愛車の冬用タイヤは、新品に交換したし、安全運転で教室へ向う。

無事、到着。

着替え後、リラックスを心がけウォーク開始。
シャドウを始めて、身体がちょっぴり暖まってレッスン開始。

シャドウの確認後、組んでの指導となったが…
りま先生「上手い人と踊りたいよぉ〜」
「…(ぐさっ(-_-;)>)」
りま先生「演技力が無いんだよねぇ〜」
「…(痛っ(-_-;)>)」
りま先生「デモ、やめてもいぃ〜んだよっ」
「…(聞こえないふり(-_-;)>)」

ふと、支払った出演料が戻ってくる…(^^♪
不順な考えが脳を過ぎったが、痛いお言葉と、気合の入ったレッスンに耐えた。

苦手なヒールターンは、焦らずボディーの移動をコントロールしながら行うと、
成功する。

1歩1歩を大切に踏みしめながら、デモ曲を踊り終えた。

りま先生「そうそう、今みたいにリラックスして踊らないとねっ♪」
「はいっ(辛口の痛い言葉が辛いんです(-_-;)>)」

りま先生のご機嫌がよくなったところで、レッスン終了。

もも先生より、シークエンスダンスへの参加があるかもしれないとのことで、
「クイック」と、「ルンバ」の指導をして頂いて、帰路へ…

無事、帰宅後「あたたかい嬉しいメール」が届いていた。
ありがとう(*^_^*)
がんばるぴょん♪


2006.12.16.(土)(12月19日更新)
デモ直前のレッスン。
お天気は、ぼちぼちで…
雪が降っているので、ドレスは持たないことにする。
気合を入れて、教室へ向う。

無事、到着。

りま先生は、シャドウ中。
邪魔にならぬよう、更衣室へ向う。

軽く、ウォーミングアップとシャドウ後、レッスン開始。

緊張はしていないが、やはり大きな声での叱咤は、
わたしの精神にダメージを与え…
筋肉が固まってしまう。

りま先生「やめよっか、デモ。こんな踊りじゃダメだよぉ〜」
「…(-_-;)>(冷静を保つよう心がける)」

何とかレッスンを、再開して頂いて、仕上げに打ち込む。

りま先生「ど〜して、きょうはドレスを持ってこなかったの???」
りま先生「いつも、デモの前のレッスンには持って来るでしょ」
「…(-_-;)>(忍耐)」

りま先生「あしたは、自信がなくってもハッタリで踊ってねっ!」
「はいっ、頑張ります」

レッスン終了後、どうやってハッタればいいのか、悩みながら帰路へ向った。


2006.12.24.(日)
ハッタリは、不発で終わり、
また「へなちょこ」デモンストレーションとなってしまった。

来年こそは、しっかり踊りこんで、素敵なダンスにしたいっ♪

気合を入れて、教室へ向う。

ドアを開けるなり、
りま先生「あ〜ぁ、良くなかったよぉ〜」
「はい、反省しています」

で、デモの復習とベーシックの指導となった。

後半は、来年の種目の打ち合わせと、フィガーの指導となり…

来年も、「スロー」に決定!

フィガーを組み替えて、ほぼ1曲が完成。
あとは、エントリーとエンディングを変えるだけなので、
踊り込みには、たっぷり時間が取れる。

がんばるぞぉ〜(-_-;)>