【iモードでみる】  <トップページ

 

がん患者学

従順な患者は、早死にする

・・・ 病院を過信しないこと ・・・

「治療の苛酷さが悲惨」

 

 医療の実態を知る立場にある人は、「盲目的な病院信仰」をもっていません。医学は科学にあらずといわれるぐらい、学問的に遅れた分野です。病院を過信しないことです。

 特に、手術による合併症・後遺症、抗がん剤・放射線の副作用、治療死など、悲惨ながん医療の現状に対して、患者側も、根本的な発想の転換が必要ではないでしょうか。

 

 「医者まかせにせず、自分で自分の病状をよく分析し、情報を収集し、自分で判断を下さなければならない。何でも人まかせにし、自分で決断もしたこともなければ、責任をとったこともない人にとっては、これは結構きつい仕事かも知れない。」 (山梨大学教授 池田清彦 生物学

 


 私の叔父は内科医で、あなたと同じように「健康食品はハッタリ」論を偉そうに展開して、患者には絶対にやらせないスタンスでしたが、自分が腎臓ガンになったときは、そりゃもう知人の医薬品関連の業者に、なんか見たこともないような健康食品(アンプルに入っていた)持ってきてもらって、一日に何回も飲んでました。(掲示板投稿者)

 

 

 


「がん病棟の真実」

がんの治療現場で何がおこなわれているか

医療法人慈繁会土屋病院外科部長 土屋 繁裕(つちや しげひろ)著 経済界

 


 癌外科医のなかには、まるで辻斬りのように、出会った患者さんを切り捨てていく医者がいます。これがすべて有効な手術なら問題はないのですが、明らかに無駄な手術が含まれています。治る見込みのない患者さんまで切られ、患者さんは肉体的、精神的損害をこうむるだけでなんの得もない。そんな手術が少なくありません。

 現場の医師として長年、この事実に接し続けているうちに、現在の手術絶対主義の癌外科医のあり方はおかしいのではないか、と強く感じ始めました。数年前から手術だけを奨励するのではなく、場合によっては手術をしない方針でいく方が、かえって患者さんのメリットは大きくなるのではないかという思いが募ってきたのです。

 手術をしなくてもよい患者さんまで切る。この背景には、癌の外科医たちの患者さん不在の治療があります。ただ興味本位で患者さんのお腹を開いてみたり、患者さんの術後の生活や苦しみなどまったく顧みず、まるでベルトコンベアで流れてきた商品でも扱うように切る外科医がいたり、患者さんをモルモットがわりにする・・・・・・医者という前に人間として許せない医者がいることに怒りを禁じ得ませんでした。

 

 

 

 


新 治る医療、殺される医療 医者からの警告

外科医 小野寺時夫 著  中公新書ラクレ

 


医者の説明に要注意

 がんセンターや大病院の医者で、がん診療をしている医者自身あるいはその身内の進行がんの時、手術も抗がん剤投与も放射線療法も受けずに、自宅で過ごした人が何人もいる。

 医者は最善を尽くすとか医学のためというが、自分自身や身内だったらやらないような治療でも、患者には積極的に奨めることが少なくないので注意が必要である。

 

無理な手術の危険と害

 がんを切除すると、一般の人は、治るかもしれないとか治らないまでもある程度長生きできるかもしれない、と考えがちだが、ある程度以上進行したがんは、無理に切除しても命を縮めこそすれ治ったり長生きできることは稀である。

 

徹底廓清(かくせい)手術の問題点

 合併症の危険が著しく増したり手術後にひどい機能障害を起こしても、徹底的に廓清(かくせい)するのが、がん手術の真髄であるかの如き日本の学界の姿勢には問題が多い。

 

 

 

 


「医者に殺されないための実践ビタミンサバイバル」

医師 牧瀬忠廣 著  ビジネス社

ドクター牧瀬の サプリメント・クリニック

 


 よくこういうことがあります。入院するまで、何とか身の回りの世話ぐらい自分でできていた患者さんが、入院して抗がん剤、放射線を使われたとたん、坂から転げ落ちるように悪化し、ベッドから起きることもできなくなったという事態です。それに対する医者の答えが実にふるっています。「患者さん、入院してよかったですね。もし、入院していなかったら、もっとひどくなっていたところですよ」。

 これ以上、患者さんを愚弄した答えはないものと思われます。

(中略)

 『患者よ、がんと闘うな』という有名な本があります。(中略)現代日本の実にいかがわしく、でたらめで、医学という名のもとに行われている似非科学的ながん治療の実態を暴露している名著だと思います。しかし、世に数多くあるビタミン、ミネラル、栄養補助食品、その他諸々の民間療法を愚にもつかない非証明治療と一括して相手にしないのは、傲慢の謗りを免れないでしょう。(中略)ましてや、百を超す完治例を出している民間療法には真摯な態度で、敬意をもって接するのが当然だと思いますが。

 

 

 

 


「ガンは自分で治せる」


新潟大学医学部教授 安保徹 著 マキノ出版

 


 ところが残念ながら再び不幸な時代に突入したのです。新しく抗がん剤の使用が拡大してしまったからです。

 抗がん剤による見せかけのガン組織の縮小に惑わされて、再びガン患者を消耗させる時代にしてしまったからです。この背景には、「発ガンのメカニズム」に対する正しい理解の欠如があるように思います。

 つまり、発ガンはその人が激しい消耗生活(交感神経緊張の持続)を送っていることによって引き起こされているという理解が乏しかったのです。この点が私たちの発見です。消耗は組織を破壊して発ガンを及ぼし、同時にガン監視機構である免疫の働きを低下させます。

 


「ガンの三大療法」がガンの治癒をはばむ

 免疫(病気に抵抗する働き)を研究してきた立場からみなさんに言えることは、抗ガン剤治療、放射線治療は絶対に受けるべきではないということです。手術もできるなら避け、どうしても必要なら局所に限るべきだと思います。

 抗ガン剤治療   抗ガン剤は「発ガン剤」

 放射線治療   局所への照射でも全身がダメージを受ける

 手術   原則的には手術は無用
       手術でガン細胞が散らばることもある
       術後の後遺症がつらい
       大手術は受けない
       リンパ節の郭清は避ける

 

安保徹教授 (「解糖系(かいとうけい)」)(ミトコンドリア

 

 医師に、「自分ががんになったらどうするか」とアンケートすると、多くの医師が「抗がん剤治療は受けない」と答える時代になりました。

 がん医療が、なぜ、このような奇妙な状況にあるかというと、今は、「過渡期」だからです。

 

 


医師が確信した ガンを驚くほど治す6つの効ガン食品」

渋民中央病院院長 清水妙正 著  メタモル出版

 


 しかし医師の多くはすでに熟知しているはずです。ガン三大療法は、そのどれをとっても、原則としてガンという疾患を平癒させるに適切なものではありません。少なからぬ医師が察知しているはずです。大きくは代替療法とくくられる方向にこそ、より適切なガン治療の道が開いているのです。

 私は確信しています。
 もしもあのときに現代医療によるガン治療を受けていたなら、私は数カ月のうちにこの世から去っていました。医師としての経験からみて、この点に疑いはありません。

 もちろん三大療法を拒絶したまま何の手立ても講じないでいたなら、やはり短期間のうちに死にいたっていたはずです。

 三大療法を拒絶し、なおかつ私なりの代替療法に専念したからこそ、私は今もこうして元気に過ごせているのです。

 

 

 渋民中央病院院長 清水妙正著 自らのガンを健康食品で克服!  「医師がすすめる 起死回生の抗ガン食品」 メタモル出版

 

 米国では、抗がん剤にしますか、代替医療にしますか、と患者に選ばせる段階になりました。

 (全米に衝撃を与えたハーバード大学医学部アイゼンバーグ博士のレポート)  教育のある人ほど、収入のある人ほど、代替医療に行っている。

 

 しかし、日本では、人命がかかっているというのに、「抗がん剤の副作用」を論じる、がん関連のベストセラーの一冊も読まず、言われるままに抗がん剤を受け入れる人が多いのは、残念なことです。

 


現代用語の基礎知識 (1999年版)より

 


 厚生省の研究班は、手術後に使う抗がん剤について、「延命効果、生活の質の向上効果がない」と指摘した。といって研究班は、それら抗がん剤の市場からの回収を提言したわけではないから、現場では使われ続けることになる。患者側としては自衛するしかないだろう。

 

 

 

 

慈恵クリニック(奈良) 山田義帰院長 ( 「ガン治療医11人の証言」 現代書林 )

 いままで有無をいわさず、手術、放射線、抗ガン剤と、まるでベルトコンベアのように治療が一方的に患者さんに押しつけられてきました。そこには患者さんが不在です。それでは治るべきガンも治るわけがありません。

 では、どういう治療が望ましいのでしょうか。極論をいえば、私はどんな治療でもいいと思っています。患者さんが納得して自分で治そうとするなら、どんな治療法でもかまわない。でも、そのためには告知が必要です。

 

< 医療の現状については、近藤誠著 「患者よ、がんと闘うな」、「それでもがん検診うけますか」 文芸春秋、「新・抗がん剤の副作用がわかる本」 三省堂 などをごらんください。>

 

 < 『代替医療』について、2000年5月8日より、NHK教育テレビ ETV 2000 「シリーズ がん治療 もうひとつの最前線」が放送されました。そういう時代になりました。>

 

 

(1) 抗がん剤 ( 化学療法 )

 1990年、アメリカ議会に提出された技術評価局報告書は、「抗がん剤、放射線などは病巣を一時的に縮小させるが、この縮小は無意味であり、延命効果が認められないうえに、患者の生活の質を悪化させる」と断定しています。

 抗がん剤を使うと、がん細胞が急速に抵抗力をつけ、かえって悪化するだけでなく、患者の免疫や肝臓などの機能に壊滅的打撃を与えるという意味です。 

 厚生省の研究班も、手術後の抗がん剤使用について「延命効果、生活の質の向上効果がない」と認めました。(1998年)

 抗がん剤は、1割のがん(小児がんなど)にしか効かないことを専門家も認めています。また、日本で認可されている抗がん剤の半分以上が、欧米では認可されていません。特に、経口(飲み薬)抗がん剤フルオロウラシル系)は、欧米では使われていません。

< 抗がん剤が効くがん ・・・ 小児急性白血病、悪性リンパ腫、小児がんなど>

 日本で、抗がん剤が医薬品として認可されるためには、臨床試験で、奏効率が2割でよく、その際、治癒効果、延命効果などは、考慮されません。

 奏効率が2割とは、2割の患者が、4週間以上腫瘍の大きさが半分以下になればよいということです。つまり、8割の患者に無効でも、4週間だけの効果でもよいということです。

 抗がん剤投与により引き起こされる嘔吐などを抑制するため、制嘔吐剤が使われています。抗がん剤の有害性を助長するものです。

 

 * 医療事故 抗がん剤を2倍投与し、患者死亡。 (2004年4月30日 読売新聞

 

 

 

癌や肉腫の治療では「治す」「治る」にこだわるのは危険

(大阪大学名誉教授 理学博士 堀尾武一先生のホームページ より)

 

 

平和病院(札幌) 石塚玲器名誉院長 ( 「ガン治療医11人の証言」 現代書林 )

 長年ガンの治療をしてきましたが、抗ガン剤を使って万々歳というケースはまったくありませんでした。ゼロですね。

 結局、副作用ばかり目立って、やればやるほど問題がでてくる。経口の抗ガン剤は投与量が増えると、必ず胃腸障害がでます。食べたくないし、舌にコケが生えてくる。

 

帯津良一 帯津三敬病院院長

 例えば抗がん剤などはほとんど使わない。一般に何かというと抗がん剤が使われる傾向があるわけですが、それを嫌ってこの病院へ転院してくる患者さんがすごく多い。私自身は抗がん剤を否定するわけではなく、適応があれば使いますが、それはきわめてまれです。

 

新潟大学 竹内正七名誉教授(日本癌治療学会名誉会長)
 
免疫能の廃絶している症例

  「がんの化学療法や照射療法を徹底してなされた後の症例は免疫療法に反応し難い。免疫能の廃絶を厳密に定義することは難しいが、このような患者は免疫能がボロボロになっていて、廃絶に近い状態になっていると推定される。このような場合、先ず免疫能の回復が可能か否かが問題になる。」

 http://www.yscbrp.com/Tpage/tframeset.html

 

宮城県立がんセンター 海老名卓三郎免疫学部長 (「月刊がん」2001年4月号より)

免疫療法と化学療法の併用は効果なし

 「大量の化学療法とか放射線療法をやると免疫担当細胞が少なくなってしまうので、免疫療法と化学療法の併用だと相殺されて効果が出ないのです。」

 

 


某掲示板、看護婦(看護師)さんの投稿より

 


 私は、某病院に勤務する25歳看護婦です。私の勤務する病院では、腹膜播腫(ふくまくはしゅ)のある患者さんの手術を行っており、また、術後にTS−1などの処方、積極的な化学療法(抗がん剤)も行われています。広範囲に転移がみられる患者さんに対しても手術や化学療法を行うことについて、いろいろな思いがあります。

 広範囲に切除する手術にしても、化学療法にしても、患者さんにはかなりの苦痛が伴います。まだまだ経験年数は少ないかも知れませんが、私は苦しむ患者さんを多く見てきました。こんなに苦しまなければならない必要があるものなのか、どうにかならないものか、とも思いました。患者さんだけではなく、私たちも苦しいものです。(以下略)

 


TS−1(ティーエスワン

 術後補助化学療法として,本剤の有効性及び安全性は確認されていない。

 

 

抗がん剤の副作用

 

 

 

外科医 小野寺時夫 著  中公新書ラクレ

新 治る医療、殺される医療 医者からの警告」 より

 

抗がん剤が効くのは一部のがんだけ

 

 抗がん剤はどんな臓器のがんにもある程度効くと思っている人が、一般の人は勿論医者の中にもいるが、残念ながらそうではない。抗がん剤が明らかに有効ながんは、全てのがんの一割程度に過ぎない。

 この一割という意味は、たとえばどんな臓器のがんでも十人に一人位しか効かないということではなく、がん全体の数の一割位を占める限られた臓器のがんにしかよく効かないということである。

 

(成人のがんに対する抗がん剤の効果 )

効果

有効率

がんの
消失率

長期生存

がんの種類

著効

80%以上

40%以上

30%以上

急性白血病、悪性リンパ腫、
睾丸腫瘍、咽頭がんなど

有効

40〜80%

10〜30%

少数

肺小細胞がん、卵巣がん、
乳がん、子宮頚がん、
食道がん(放射線療法と併用)

少し
有効

30%前後

大腸がん、胃がん、肝臓がん

無効

0%

0%

腎がん、胆道がん、膵臓がん

 

各群の抗がん剤療法の問題点

C・D群とくに

 抗がん剤の効果が期待できないことが多いにもかかわらず、漫然と投与されていたり、副作用の強い多剤併用療法が安易に試みられていることが少なくない。

 手術後の再発予防や食事のできる進行がん患者に、経口抗がん剤の投与が高頻度に行なわれている。しかし、今日まで効くという証明はなく、抗がん剤に関する知識が本当にある医者の多くは、その効果は期待できないと考えている。


抗がん剤療法を受けるのは慎重に

 医者が「効く」というときは、がんが縮小したり症状が一時的に改善することもあるという意味で、治るかもしれないとか治らないまでも長い間延命するかもしれないと患者側が考えがちなこととは、大きく食い違っている場合が多い。医者が最善を尽くすということは、患者への気休めに、効かないだろうけれども抗がん剤を試してみる、といった程度であることが少なくない。


効果が確認されていない経口抗がん剤の使用

 術後再発予防のための抗がん剤投与は、肺がんや食道がんでの静注投与でも未だ効果が得られていない。胃がんに関しては、初めて信頼できる調査結果が平成十年二月に厚生省研究班から発表されたが、やはり有効性は否定されている。

 効果が認められていない薬をもらうために、何十万人もの患者が精神的に半病人になりながら二週間ごとに何年間も通院し続けているのは世界中で日本だけである。


医者が抗がん剤を使いたがる理由

 無知なためか経営を考えるためか、重体の末期がん患者に亡くなるまで抗がん剤を投与し続け、むしろ副作用で死期を早めているのではないかと考えられるような使用例も珍しくない。

 

 



がん生存者に、二次がんのリスク

( NCI発行 「National Cancer Institute」 2005年9月21日号 )

 

 
 この研究は、北米および欧州の14の腫瘍登録から得た、精巣がん患者4万576例のデータに基づくもの。精巣がんの診断後、10年以上経過した男性患者を評価したところ、比較的晩年にがんを発症した一般集団に比べ、二次がんの発症リスクが実質的に高く、少なくとも35年間リスクが継続することがわかった。このリスクの大部分は、原発(一次)がんの治療が引き金となって、副作用として後年発症したものであった。

 

 

 ちなみに、1989年、15万人の患者を対象にした米国国立がん研究所(NCI)の調査報告書は、抗がん剤はがんを増やすと断定しています。

 

 「がん情報サイト」(NCIの日本語監訳)

 

 

(2) 拡大手術 ( リンパ節切除など )

 日本の病院の手術偏重拡大手術が批判されています。無意味な臓器切除、リンパ節切除などに注意する必要があります。例えば、リンパ節を切除すると、神経も切断してしまい機能障害が起きます。リンパ管が分断され水分がもどらなくなり、むくむようになります。拡大手術をしても生存率は向上しないことは、国際常識となっています。

 

 

(3) 代替医療  

  日本人医師の多くは代替医療をバカにしていますが、米国では、ほとんどの医科大学で代替医療を教えています。

癌治療における代替療法
〜代替療法がこれまでの医療を変える!〜

米国補完代替医療推進協会

 


NHK 「クローズアップ現代」

( 「過去の放送記録」から選択して下さい↓ 2004年2月第2週 )

2004年2月9日(月)放送
“治る力”を呼び起こせ

〜「統合医療」の可能性〜

 

アンドルー・ワイル博士 (アリゾナ大学医学部教授)

 『癒す心、治る力』 (角川書店)

 

 かつては民間療法として片づけられてきた様々な治療法が、今改めて見直されつつある。

 病気の原因を明らかにし、それを取り除く近代西洋医療だけでは治せない症状もある事が次第に明らかになってきた中で、体のバランスを取り戻させて治癒力を高める、代替・伝統医療を組み合わせた「統合医療」という考え方を取り入れる施設が、日本でも急速に増えているのである。

 

 

 

 

 

阪大病院、「補完医療外来」を開設・はりやきゅうで治療


 大阪大は23日、健康食品やはり・きゅうで生活習慣病などを治療する「補完医療外来」を7月から付属病院に開設すると発表した。補完代替医療(CAM)は、西洋医学によって科学的、臨床的に検証されていない医療の総称で、健康食品や民間療法などを指す。こうした試みは国立大の付属病院として初めてという。CAMの効果を客観的に評価する指標作りにも取り組む。

 阪大は昨年1月、補完医療に関する講座を開講。すでに、胃がんや肺がんなど25例の患者を対象に、キノコの根からの抽出物「AHCC」を服用するがん治療の臨床試験を始めている。  2006年6月23日 (日本経済新聞)

 

 

がん幹細胞 (抗がん剤が効かない理由)

 

 

立花 隆 「がん 生と死の謎に挑む」 (文藝春秋)

「結局、抗がん剤で治るがんなんて、実際にはありゃせんのですよ」と、議論をまとめるように大御所の先生がいうと、みなその通りという表情でうなずきました。僕はそれまで、効く抗がん剤が少しはあるだろうと思っていたので、「えー、そうなんですか? それじゃ『患者よ、がんと闘うな』で近藤誠さんがいっていたことが正しかったということになるじゃありませんか」といいました。すると、大御所の先生があっさり、
「そうですよ、そんなことみんな知ってますよ」
 といいました。


(無知な外科医・懺悔)

(抗がん剤で)「治らないガン」

ガン医療の現場で使われる言葉 エビデンスEBM(Evidence)

抗癌剤治療は有効に効いても長生きできない!? (奏効率)

 

FDAがアバスチンの添付文書から乳癌への適応取り下げを決定
−乳癌患者における薬剤の安全性および有効性が示されない結果となる−

腫瘍血管新生阻害剤はがん転移を促進する

 

本当の、セカンドオピニオン

善意の家族に殺される、がん患者

(参考) ガンの検診や治療の問題

 

NPO 癌コントロール協会

大阪大学大学院医学系研究科 生体機能補完医学講座

金沢大学・臨床研究開発補完代替医療学講座

徳島大学病院 補完代替療法室

 

(代替療法・統合医療)病院などのリスト

代替療法

体験記・闘病記など

 

文藝春秋(文芸春秋) 2011年1月号 「抗がん剤は効かない」

2011年2月号 「抗がん剤は効かないのか?」

 

 

がん掲示板に、ご注意

 インターネットのがん掲示板上で、どういう訳か、執拗に代替療法を中傷し、ひたすら抗がん剤を賛美する正体不明の男女が ・・・

 

 

 健康維持に健康食品を、とお考えの方は参考にしてください。

悩み 相談 問題 対策 お問い合わせ

 

※ 専門家によれば、がん根治ができる時代は、100年後などといわれています。

 

お問い合わせ(メール送信CGI)  本ホームページに対する、理不尽ないやがらせ

トップページ  健康食品の組み合わせ  取扱商品一覧(ご注文)  特定商取引法に基づく表示

  

電 話

(082) 815−6776

FAX

(082) 815−6785

Eメール

doi-jimu@d4.dion.ne.jp

土居敏雄事務所

広島市安佐北区可部東5-27-5 (〒731-0222)

(ホームページ)  http://www.d4.dion.ne.jp/~doi-jimu/

 

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨 長野 新潟 富山 石川 福井 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の皆様、お大事になさってください。

All rights reserved.