取扱石種

ここでは当社で扱っている石の紹介をしています。お墓を立てるときの参考にされてはいかがしょうか?
外国産の石が増えている昨今ですが、そんな中でも当社は
国産石
に力を入れています。


徳山石(山口県周南市黒髪島)

 いわずと知れた、我らが山口県を代表する御影石です。周南市は徳山港の沖あい約12qのところに浮かぶ黒髪島が産地です。石質は、硬く風化に強く、間が粗い特徴を持っています。島での採掘は明治11年以降のことで、その石質の良さや埋蔵量の豊富さなどから、墓石以外にもあの国会議事堂の建設にも使われています。

ランク→一般的な1級石
    特級石もあるが現在では採掘量が激減し、入手が困難

 


 佐賀天山石(佐賀県)

 九州は佐賀県、 標高1046メートルの天山は県立自然公園の中にあります。 採掘場はその北部にある七山村で行われています。日本の銘石のひとつで、石質は青みがかかっており、徳山石や大島石に比べると、その違いがわかります。また、表面には「あずき」とよばれる小さな赤い斑点があるのもこの石の特徴です。

ランク→1級石・特級石

 


四国大島石(愛媛県)

 今治市からフェリーで25分の所にある大島は、国内でも知名度の高い花崗岩の産地です。青味を帯びた白みかげて、石質は細粒で硬く、つや持ちが良くて変色しないという特徴をもっています。ほとんどが墓石などの「石塔」使用されていますが、造園などにも用いられています。現地でも加工品として、石製品(美術工芸品など)があります。

ランク→普通石・一等石・特級石

 


滝根石(福島県川内村檜山)

 石質は硬く、低吸水率で艶持ちが良いと評判の石です。うわさでは3m以上もの加工した石を高い所からうっかり落としてしまったらしいのですが、まったくの無傷だったという話もあります。丈夫な石をというのなら間違いは無いかもしれません。

ランク→1級石・特級石

 



TOPへ