お墓のお話

 

SANJYUUHAKA.JPG - 20,412BYTES

左の写真は基本的な三重墓です。

@の仏石には正面に「〜家の墓」、「南無阿弥陀佛」などの文字を彫りこみます。後や側面には建てた年月日や名前を彫ります。

Aの上台に仏石をのせます。仏石に「南無阿弥陀佛」などの文字を入れた場合は、ここの正面へ「〜家」と入れます。

Bの中台は上から見るとカタカナの「コ」の形に見えます。通称「コの字」ともいい、正面はEの水溜で蓋をしておくのですが、納骨するときはここから入れます。

C四つ石は前後の長い石で左右の短い石を挟みます。この石の中央へBから入れた骨壷がおけるようになっています。

 

 

D花立はその名の通り、花を立てるところです。形は地方や業者、お客様の好みでさまざまな形があります。中央へ穴をあけて、そこへステンレス製かプラスチックの筒を入れて花を立てます。

Eの水溜は納骨口であるBの蓋の役割をしています。通常はここの上部へ水を溜めるところを彫ります。                          ※浄土真宗は彫りません。

F香炉は線香を立てるときに使います。写真は角香炉ですが、このほかにもお供え物を置く台が付いたものや、風雨を防ぐ扉や屋根が付いたものもあります。

 

 

BUTAIHAKA.JPG - 17,529BYTES  

次は舞台墓です。

 基本は@の舞台へ三重墓の四つ石を除いた部分をのせた墓のことを言います。この場合は納骨はAのところから行います。蓋は、観音開きにすることも出来ますし、後ろや左右につけることも出来ます。舞台の形はさまざまなものがあり、ご希望のデザインで製作いたします。舞台は玉垣という装飾品で飾りつけることも出来るので、「立派な墓」、「大きな墓」がいいという方にお勧めです。
 ちなみに、@の舞台は当社は二枚石といって前後で分けることが多いですが、一枚石をご希望の方は御相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

YOUHAKA.JPG - 20,512BYTES最後は洋墓(オリジナルデザイン墓)です。

 写真は一般的な形ですが最近は形にこだわることなく、思い通りのデザインで作ることが出来ます。舞台に乗せたり、周りを飾り付けたり、仏石には自分の好きな言葉や歌の歌詞などを彫りこむ方が多いです。

YOUHAKA2.JPG - 17,247BYTES

このほかにも、写真のように花台や座布団が付いた墓、蓮華の花のように見える台「上蓮華・上下蓮華」に乗せた墓もあります。

KAZATUKI.JPG - 13,250BYTES  RENNGE.JPG - 12,347BYTES

また、お墓の装飾品として、香炉、墓誌、灯篭なども取り揃えております。

KOURO.JPG - 25,908BYTESBOSHI.JPG - 12,267BYTESTOUROU.JPG - 15,187BYTES

さらには、敷地にも装飾品で飾りをつけることも出来ます。さまざまなデザインをご用意してお待ちしております。
写真に限ったことはございませんのでご希望に沿ったものを作成します。

SIKITI.JPG - 27,882BYTES

TOPへ