スサノオの系譜、諡号のある王、大国主神、に関しての説明です。

賛否はありますが、1つの考え方として参考になると思います。

 

須佐之男尊(すさのお)の系譜  (スサノオ、その妻、その子 を示す)

  櫛名田比売(くしなだひめ)   <大山積神の孫娘>

     八島野尊(やしまぬ)    <2代目出雲国の王>

     五十猛尊(いたける)    <紀国の王>

     大屋津姫(おおやつひめ)

     枛津姫(つまつひめ)

  神大市比売(かみおおいちひめ) <大山積神の孫娘>

     大歳(おおとし)       <饒速日尊 大物主神>

     宇迦御魂(うかのみたま) <稲荷神>

  佐美良比売・速佐須良姫命(はやさすらひめ) <祓戸大神四柱>

     磐坂彦尊(いわさかひこ)

     須世理姫(すせりひめ)   <大国主神の妻>

  向津姫(むかつひめ) <大日霊女貴尊(おおひるめのむち) アマテラス  ヒミコ>

     田心姫尊(たごりひめ)   <大国主神の妻>

     市杵島姫尊(いちきしまひめ)

     湍津姫尊(たぎつひめ)

 

諡号(しごう)のある王(上記関連分) 

  須佐之男尊    神祖熊野大神櫛御気野尊

(かむおやくまのおおかみくしみけぬのみこと)

  八島野尊      清之湯山主三名狭漏彦八島野尊

              (すがのゆやまぬしみなさろひこやしまぬのみこと)

  大歳(饒速日尊) 天照国照彦天火明櫛甕玉饒速日尊

              (あまてるくにてるひこあめのほあかりくしみかたまにぎはやひのみこと)

  大日霊女貴尊   撞賢木厳御魂天疎向津毘売尊

              (つまさかきいつのみたまあまさかるむかつひめのみこと)

  大国主神      上記の神々に勝るとも劣らない出雲神話での主役の神ですが、不思議な

ことに諡号がありません。何かが隠されているようです。

 

大国主神について

   大国主神は、出雲神話に登場する神で、天の象徴であるアマテラスに対し、大地を象徴す

る神格である、と一般的にはとられています。大神神社の社伝にも「大物主神は、大国主

神の和魂(にぎみたま)である」と書かれていますが、最近では、元々別の神であった神々

を統合したものだと考えられてもいるようです。

大国主神の本名は大穴牟遅命(おおなむじ)で、スサノオの末娘・須世理姫と結婚し婿養子

となります。スサノオの死後、和国(九州と中国地方の一部)の王を継ぐのです。また、オオ

ナムジはスサノオの和国の現地妻・向津姫(記紀でいうアマテラス)との間にできた多紀理

姫(田心姫)とも結婚しています。

ところが、王を継いだ大国主神(大穴牟遅)には諡号が見当たらないばかりか、大穴牟遅命

や大己貴命を祀る神社は日向(ひゅうが、宮崎県)の都農(つの)神社くらいしかありません。

このことは何を示しているのでしょう。また、大国主神に大穴牟遅神・葦原色許男・八千矛神

・宇都志国玉神・和魂としての大物主神とたくさんの別名を持たせ、説話により名前を使い

分けることで史実を混乱させています。

これらは古事記の作者が、大国主神を偉大な神に見せるために業績を偽作したものである

と神一行氏は述べています。

また、大国主神はスサノオや大歳(饒速日尊)など、出雲系の神々の総称として創作された

傀儡(かいらい)の神だったのではなかろうかともいわれます。

 

トップへ